油汚れ、もう気にならない=ケンタッキーが専用の指手袋

ケンタッキーのチキンと言ったら素手で持ってかぶりつくのが当たり前ですが、どうしても手でつかんで食べる習慣のない私たち日本人からすると、その行為が嫌だという方もいるでしょう。私はあまり気になりませんが、手のべたつきが気になる人専用に指の手袋が作られたようです。指だけにはめてチキンを持つことができるので、必要な時に付けたり外したりが楽々です。まさにチキンを食べるために作られた指手袋ですね。これからクリスマスはケンタッキーが注目される時期なので、この機会に指手袋を体験してみてはいかがでしょうか。

IMG_9506

日本ケンタッキー・フライド・チキン(東京)は14日、チキン商品をつかんで食べる際に手が油で汚れないよう、専用のポリエチレン製指手袋「フィンガーナップ」を導入すると発表した。15日から首都圏と関西の8都府県の222店舗で顧客への提供を始める。

指手袋をすれば、チキン類を食べた後にパソコンやスマートフォンを操作しても、油汚れを気にしなくて済む。今後、導入店舗の拡大も検討する。

親指と人さし指を覆う着脱しやすい形状で、注文した商品を店内で食べる顧客に無償で提供する。同社は1970年の国内初出店以来、紙ナプキンやおしぼりで油汚れに対応してきたが、近年はネイルアートを楽しむ女性らから「汚れが爪に入る」「スマホの操作ができない」といった声が数多く寄せられていた。

シェアする

フォローする