過去の“不良”行為 市長が中高生に自慢 西宮

この市長に限らず、自分の若い頃の武勇伝を語るおじさんはたくさん存在します。女性からしたらとても恥ずかしく聞きたくない話ですが、お酒を飲むたびに同じ話を繰り返しするおじさんたちに本当に苛立ちます。もうアナタの若い頃がどうだったかなんて全く関係ないので結構です、ときっぱり言えたらどんなに清々しいことでしょう。どうして男性は自分の不良武勇伝を話したがるのでしょうか。長年話し続ける過程で、恐らく話も盛り上がり作られた事実もあるでしょう。女性が不良に憧れる年齢は学生時代位です。同じ学校で少し悪い男の子に行為を抱くことはありますが、大人になってからは逆に恥ずかしい存在となるので、本当にやめてほしいですね。

IMG_9475

兵庫県西宮市の今村岳司市長(44)が、中高生を対象にした催しで「中高生のころ、教室の鍵を盗み、授業を抜け出してたばこを吸っていた」と発言し、物議を醸している。市長は「うそつきじゃない大人がいることを伝えたかった」とするが、市議会は「不適切だ」とし、撤回を求める決議も辞さない構えだ。

発言があったのは11月27日、市立子育て総合センターで開かれた「中高生3万人の夢プロジェクト」。中高生18人が、行政施策について市職員と議論するさなか、今村市長が唐突に自身の中高生時代を振り返った。「私に必要な居場所は、授業を抜け出して楽器がひけるところだった」

さらに「教室の合鍵を作り、面白くない授業を抜け出して、たばこを吸い、マージャンをした」と自慢げに披露。「見回りのガードマンにはエロ本やお酒を渡して味方に付けた」とも話し、中高生に「居場所は自分で手に入れよう」と訴えた。

今月8日の市議会本会議で、女性市議が「公の場で言うことか。市長として自覚を持つべきだ」と指摘。これに対し、市長はブログで「ピンクのダサいスーツに黒縁眼鏡で『お下品ザマス!』って言っている女教師みたい」とやゆ。「キレイゴトは中高生を子ども扱いし、敬意を欠いている」と持論を展開した。

発言の撤回と謝罪を求める決議案が、19日の本会議最終日に提出される見込み。(前川茂之)

シェアする

フォローする