ガッキー主演「逃げ恥」北海道で25・5% 瞬間最高27・0%を6回記録

全快の放送では拡大版だったので、まさかの最終回がやってきてしまったのかと思いましたが、まだまだラスト1回の放送を残しているのでご安心ください。本格的に両想いになった二人の間は急展開で縮まりだし、今までの雇用主と従業員の関係性から、一気に恋人っぽい雰囲気が出るようになりました。いちいち正宗さんが挙動不審に照れるのが可愛らしいですね。男性からすると彼のようなタイプはムッツリに見えるらしいですが、女性には大人気の俳優さんとなりました。北海道では驚異的な視聴率を叩きだし、ラストの最終回はさらに期待できそうですね。

IMG_9472

13日に放送された新垣結衣(28)主演のTBS系ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(火曜・後10時)第10話の北海道地区での平均視聴率が25・5%と高い数字を記録したことが14日、分かった。

TBS系列の北海道放送(HBC)で放送された今回、5週連続20%の大台超え。瞬間最高視聴率も27・0%。20日の最終回を前に「逃げ恥」人気が北の大地では最高潮となっている。

今回はエンディングの“恋ダンス”にTBSの安住紳一郎アナウンサー(43)が登場。懸命に練習した必死のダンスを披露した。

関東でも17・1%と同ドラマ最高、さらに同局のこの枠ドラマ最高視聴率を記録した今回は星野源(35)演じる恋愛経験のない「35年間彼女ナシ、恋愛経験ゼロ」の“プロの独身男(自称)の”津崎平匡(ひらまさ)と「仕事としての結婚」をした相手・新垣演じる森山みくりがついにお互いの気持ちを確かめ合い、結ばれる。しかし、平匡は突然、会社をリストラされ、再就職活動。一方、みくりは商店街の活性化に駆り出され…というストーリーだった。

HBCの放送では今回、瞬間最高が6回に渡って記録された。午後10時のオープニング、同43分の石田ゆり子(47)演じる百合が大谷亮平(36)演じる風見の部屋で告白されるシーン、同59分の高級レストランで平匡が“王子モード”に入るシーン、午後11時3分の同じくレストランで結婚の理由がリストラだとみくりに明かすシーン、同6分のエンディングの「恋ダンス」ロングバージョン、同7分の星野と新垣による同ドラマ原作漫画の視聴者プレゼント告知だった。

HBCではエンディングで新垣らが踊り、YouTubeで5000万再生回数を超えている「恋ダンス」もいち早く女子アナウンサーらが踊るバージョンをアップ。再生回数37万回を突破している。(数字はいずれも北海道、関東地区、ビデオリサーチ調べ)。

シェアする

フォローする