成宮寛貴氏の写真集、ネット上で高騰 10周年作品は定価の10倍以上も

日本にはいられないと海外旅行中の成宮さん、一部ではあの直筆の手紙は事務所に書かされたものではないかという疑惑も出ています。もしかすると本当にうわさ通り薬物の使用があり、芸能人としてこの業界に居続けるには毛髪検査などを受けて疑惑を晴らさなければならない状況になってしまうため、早い段階で事務所に切られたのでは?という推測です。なので友人に裏切られ、精神を病んだふりして海外逃亡か?とも言われていますが、芸能界引退を発表した彼の写真集が今になってプレミアがつくほど売れているようです。

IMG_9445

週刊誌で薬物使用疑惑を報じられ、芸能界を電撃引退した元俳優の成宮寛貴氏の写真集がネット上で高騰している。

10周年記念として発売された「Hiroki Narimiya Anniversary Book10」の新品は、定価2880円のところ、あるオークションサイトでは1万8500円の値が付き、即決価格は4万円となっている。通販サイトでは新品で3万4200円。中古品であれば3000円台の価格もある。

写真家で映画監督でもある蜷川実花氏が撮った「Milk 成宮寛貴写真集」はコレクター価格として1万3500円の値が付いている。中古品であれば2000円台や1000円台のものも出品されている。この写真集の「直筆サイン入り」ものはオークション開始価格が5万9800円となっている。入札は入っていない。

成宮氏が上半身裸になって表紙を飾っている雑誌「an・an」には20件近い入札があり、3400円の値が付いている。

シェアする

フォローする