“電車でベビーカー”反対2割 意識調査

電車でベビーカーを使用することに対して反対意見が2割にもなることが分かりました。しかしこれは子育てしてみなければわからないのかもしれません。小さい子供を抱っこしながら長時間移動は本当にきつい。また移動中にベビーカーで寝ていた子供を起こして、わざわざ電車に乗るのもどうなのでしょう。逆に子供を起こして鳴かせてしまっては、電車の中でさらに迷惑がかかると思います。両親は公共の場で子供に鳴かれないように必死なのです。ただの移動だけで精神をすり減らしながら乗っているといっても過言ではないのです。こういった状況を踏まえてもう少し大きな心で見守ってほしいですね。

IMG_9343

電車などでのベビーカー使用に「反対」の人が2割に上ることが、国土交通省の意識調査でわかった。

国土交通省は2014年、電車やエレベーターなどではベビーカーを基本的に折りたたまずに使えるとのガイドラインを決め、使用をうながすベビーカーマークを導入した。しかし複数回の調査で、電車などでのベビーカー使用に反対する人は最高で21.1パーセントに上った。

「混雑する車両に乗ってくる」「集団で移動して邪魔だ」など、使用者のマナーに対する苦情も寄せられている。

ベビーカー利用者「優しく声をかけてくれる人もいれば、ちょっと冷たい目で見られることも」「ベビーカー専用の車両に乗車します。(満員電車は)赤ちゃん自身にも良くないので、私は避けるようにしています」

調査では、ベビーカーマークの認知度は2割程度にとどまっていて、国交省ではベビーカー使用への理解と譲り合いを求めている。

シェアする

フォローする