成宮寛貴が芸能界引退、所属事務所が発表

薬物使用の疑惑をかけられていた俳優の成宮寛貴が突然の芸能界引退を発表しました。本人直筆の手紙を読んだ限り、かなり追い込まれている緊迫感が伝わってくる内容でした。週刊誌の調べにより報じられた薬物疑惑でしたが、芸能人はイメージが一番大切な仕事です。一度でもこういった生地が出回ることで、今後の活動に支障が出たり、色々なところで陰口をたたかれてしまいます。そういった恐怖にもう立ち向かっていけないという事でしたが、無実であれば何も引退までしなくてもいいのではないかと思うのですが、突然の引退発表に、出演予定だったドラマの代役撮影だったり、各関係者には多大な迷惑がかかる結果になりました。

IMG_9341

俳優の成宮寛貴(34)が9日、芸能界引退を発表した。所属事務所が明らかにした。

所属事務所はFAXで「成宮寛貴にまつわる記事に関しまして、弊社としても、所属プロダクションにおける社会的責務として、本人から事情聴取、薬物鑑定など、必要な調査を行ってきましたが、本人の薬物使用を裏付ける客観的事実は確認できませんでした。上記調査結果を受け今後の方針を検討していたおり、本人から芸能界引退の申し入れがございました。弊社としても本人からの突然の申し入れに大変驚き、本人と何度も話し合いの機会を持ちましたが、本人の決意が非常に固かったため、大変残念ではございますが、本人からの申し入れを受けざるを得ないと判断しました」とした。

成宮が発表した直筆メッセージ全文は次の通り。

全ての原因を作ったのは自分自身だと承知しております。心から信頼していた友人に裏切られ複数の人達が仕掛けた罠に落ちてしまいました。

この仕事をする上で人には絶対に知られたくないセクシャリティな部分もクローズアップされてしまい、このまま間違った情報が拡がり続けることに言葉では言い表せないような不安と恐怖と絶望感に押しつぶされそうです。

今後これ以上自分のプライバシーが人の悪意により世間に暴露され続けるとおもうと、自分にはもう耐えられそうにありません。

今すぐこの芸能界から消えてなくなりたい。今後芸能界の表舞台に立つ仕事を続けていき関係者や身内にこれ以上の迷惑をかける訳にはいかない。少しでも早く芸能界から去るしか方法はありません。

元々何もない自分をここまで育ててくださった関係者の皆様本当にありがとうございました。応援してくださったファンの皆様、こんな形で去っていく自分を許してください。

本当にごめんなさい。そして、ありがとうございました。

2016.12.8 成宮寛貴

2日のフライデー報道を否定

2日発売の写真週刊誌「フライデー」が「成宮寛貴『コカイン吸引』疑惑」と題する記事を掲載。これに対し、所属事務所は「事実無根です」と否定していた。

また成宮本人も「今回フライデーに掲載された事実無根の記事に対して、非常に憤りを感じます。私、成宮寛貴は、薬物を使用したことは一切ございません。ファンの皆様、関係者の皆様には、ご心配・ご迷惑をおかけ致しました事を心よりお詫び申し上げます」と、直筆サインを添えて疑惑を完全否定していた。

シェアする

フォローする