2カ月連続で最多更新=9月の生活保護受給世帯―厚労省

高齢者が増えることで、生活保護を受けている件数も年々上がってきています。高齢になってから働けずに、貯金もないとなるとどうしても保護が必要になるのかも知れません。これが大昔であれば自給自足の生活の中で、家族が連携して生活していたのかもしれませんが、過疎化も進み、家族と離れ離れに暮らしているお年寄りも少なくありません。こうして生活保護に守ってもらわなければ普通に暮らしていくこともできないのです。そうならないための年金や貯蓄ですが、将来を見据えて今からきちんとした計画が必要ですね。

IMG_9302

厚生労働省は7日、9月に生活保護を受給した世帯が前月より266増え、163万6902世帯となったと発表した。

前月に続き過去最多を更新し、5カ月連続の増加。景気回復で雇用状況は改善しているが、高齢単身世帯の受給が増えていることが影響した。

受給世帯(一時的な保護停止中を除く)の内訳は、高齢者が83万5402世帯と全体の51.3%を占めた。このうち単身は約9割の75万7191世帯だった。

一方で、高齢者を除く世帯は減少。内訳を見ると、傷病・障害者が43万58世帯、母子が9万9034世帯、失業者のいる「その他」が26万3255世帯だった。

シェアする

フォローする