ショッピングカートでの事故 5年間に118件 6割が転落事故

ショッピングカートは子供が乗れるように色々なタイプのモノが出ていますが、乗り方を間違えると転倒し怪我や事故のもとになります。大きなカートはコントロールも難しく、前方を歩いている人の足を傷つける可能性もあります。私も欲子どもを乗せてカートを押していますが、子どもというものはおとなしく乗っている生き物ではありません。前向きで乗ってみたり、後ろ向きで乗ってみたり、または椅子ではないところへ座ってみたりと、一つのカートで色々な乗り方をしてきます。きちんとカートを抑えておかなければ転倒する危険性もあるので、少しでもその危険性を理解してほしいですね。

IMG_9300

ショッピングカートでの事故に、注意を呼びかけている。

子連れでのお買い物に欠かせないショッピングカートだが、子どもが立ち上がったり、身を乗り出したりして、転落する事故が増えているという。

国民生活センターによると、2011年からの5年間で、ショッピングカートを使用中の事故は、118件にのぼり、このうち、およそ6割が転落事故だった。

また、カートごと倒れたり、子どもが、よじ登ろうとした際に転倒する事故も多いという。

シェアする

フォローする