パキスタン航空機墜落、48人全員死亡 元国民的歌手も犠牲に

なんだか飛行機の墜落事故が続いていますね。こうもバンバン飛行機が落ちるとなると安易に飛行機を使うことができません。運が悪かったと言われればそれまでかもしれませんが、例え1%でもあれば100回に1回は墜落するという事ですよね?そう考えると少ない事故率ではありません。車や、自転車などの事故率と比べれば格段に少ないのかもしれませんが、一度事故があるとその事故に巻き込まれる人数は半端ではありません。また、奇跡的に助かる命もごくわずかなので、これから旅行に行かれる人も気が気ではありません。

IMG_9299

【AFP=時事】(写真追加)パキスタン北部カイパル・パクトゥンクワ(Khyber Pakhtunkhwa)州で7日、パキスタン航空(PIA)の旅客機が山岳地域に墜落・炎上した事故で、当局はAFPの取材に対し、乗客乗員48人全員が死亡したことを明らかにした。

【写真13枚】残骸が散乱する現場で続く捜索活動

民間航空当局の報道官は「生存者はいない」と説明。同航空の広報担当者もこのコメントを事実と認めた。

チトラル(Chitral)の空港関係者と地元警察によると、乗客にはパキスタンの元人気ポップ歌手、ジュナイド・ジャムシェド(Junaid Jamshed)氏が含まれており、ソーシャルメディア上には同氏を追悼する投稿があふれた。

同氏は同国初のメジャーポップバンドでリードボーカルを務め、同バンドの曲「ディル・ディル・パキスタン(Dil Dil Pakistan)」は非公式の国歌とみなされるほどのヒットを飛ばした。同氏は後に熱心なイスラム教徒となり、2014年には神への冒?(ぼうとく)行為をめぐる論争を起こしていた。

墜落機はATR-42型ターボプロップ機で、北部チトラル(Chitral)から首都イスラマバード(Islamabad)に向かっていた。墜落原因は今のところ不明。【翻訳編集】 AFPBB News

シェアする

フォローする