星田英利 引退撤回「続けさせてもらおうと」 インスタで引退宣言したものの

芸人のほっしゃんがお笑い芸人の引退を考えていたなんて全く知りませんでした。そういえば最近テレビでも見かけなくなりましたが、お笑いというよりも役者としてもたびたび活躍しているようですね。この間はウシジマくんに出演していたような気がします。お笑いとして伸び悩んでいる頃なのかもしれません。いくつになっても続けられる仕事かもしれませんが、その辞め時も重要です。いつまでも二足のわらじでバイトと掛け持ちで続けていくにも限界があるでしょう。家庭があるノアであればなおさらです。

IMG_9276

ほっしゃん。から改名したお笑いタレントで俳優の星田英利(45)が6日、芸能界引退を所属事務所「よしもとクリエイティブ・エージェンシー」に相談していると自身のインスタグラムに記したが、同日午後に当該記事を削除。午後8時過ぎには引退を撤回した。

星田は6日未明、自身のインスタグラムに「デビューからお世話になった大先輩方々を裏切る、っていうか、お世話になり過ぎて、その方々にご相談できへんかったけど、年内の引退を夏からずっと会社と相談してて、そうしようかなと思います。27年。・・・凄い」と書き込んだ。

さらに「あ、今やってる仕事は、3月までやから、それは絶対、手ぇ抜かんと死ぬ気でやるから」と続けてたが、引退を決意した理由についてなど、詳細は明かさないまま。所属事務所はデイリースポーツの取材に対し「調査中です」と回答した。

騒動をよそに、星田は午前中に火曜日のレギュラーを務める関西テレビ「よ~いドン!」(月~金曜、午前9・50)に生出演。だが番組では引退について一切触れず、普段通りの様子で番組スタッフへの説明もなし。同局は、星田や所属事務所からも「引退」に関する説明を受けていないとした。

その後も騒動は加速し、この日各地でイベントに出席した芸人仲間も一様に驚きを隠せず。インパルス・堤下敦(39)は「僕らもまったく知らなくて、さっき会社の人間に聞いたばっかり。『マジで?』としか…。詳細は分からないですけど、本当だったら心配というか、寂しいですね」と話したが、その裏で星田はひそかに投稿を削除していた。

そして午後8時過ぎ、星田は自身が削除した文言のスクリーンショットを投稿。「心配かけてすみません。いろいろ考えましたが、続けさせてもらおうと思います。ひたむきに頑張ります」と引退宣言を撤回し、騒動を謝罪した。

シェアする

フォローする