千葉大暴行 5時間の飲み会で酔わせ犯行

5時間にも及ぶ飲み会で女性を酔わせ、集団で強姦したとして千葉大学医学部の男子学生と指導医の藤坂悠司容疑者が逮捕されました。5時間も飲み続ける体力も凄いですが、自分で拒否できなくなる位酔いつぶれてしまう女性も女性です。それを言ったらこの女性たちに恨まれてしまうかもしれませんが、どこかで自分の身は自分で守らなければならないという意志気を持っていなければなりません。本当に気を許せる友人と飲んでいる時以外は心底酔ってはいけないという事ですね。以前は無理矢理飲まされて急性アルコール中毒による死亡者が出る事件も多くありましたが、最近はあまり聞かなくなりました。

IMG_9250

千葉大学医学部の男子学生らによる集団強姦事件で、学生らは約5時間にわたる飲み会で女性を酔わせ、犯行に及んでいたことがわかった。

警察によると、千葉大学医学部の学生・吉元将也容疑者、山田兼輔容疑者、増田峰登容疑者の3人は今年9月、千葉市の飲食店などで、20代の女性に性的暴行を加え、ケガをさせた疑いが持たれている。また女性にわいせつな行為をしたとして、3人を指導していた医師・藤坂悠司容疑者(30)も逮捕されている。

千葉大学の学生「(研修医は)さすがに指導する側の人間のはずなので、かなり残念です。シチュエーションを考えると、実習(後の飲み会)なのかなと」

その後の捜査関係者への取材で、学生らは約5時間にわたる飲み会で、酒に酔った女性をトイレに連れ込み、性的暴行を加えていたとみられることが分かった。その後、学生3人は女性をタクシーで増田容疑者の自宅へ連れ帰り、さらに暴行を加えていたということで、警察は犯行の計画性についても調べている。

シェアする

フォローする