M‐1王者「銀シャリ」喜びの一問一答 これからも「漫才が基盤」

以前であればM‐1の王者ともなるとその後の最低でも1年間はテレビに引っ剥切りなしに出演して、そこから名が売れていく若手芸人もたくさんいたと思いますが、年々M‐1という栄光を掲げても売れない芸人さんが出てきました。そこまでの実力がなかったと言われればそこまでかもしれません。優勝したから終わりではなく、ここからどこまで頑張れるかが今後の重要な分岐点になってくると思います。芸が面白くてもスキルトークがなければ番組で使ってもらうこともできません。逆に芸がつまらなくても生き残っている芸人さんもたくさんいますよね。ただこの銀しゃりの二人のコントはまだ見たことがないので、後でゆっくり見てみたいと思います。

IMG_9222

漫才日本一決定戦「M‐1グランプリ2016」(4日、都内)を制した「銀シャリ」の橋本直(36)、鰻和弘(33)が優勝会見を行った。

――優勝した感想は

橋本:去年の2位が悔しかったので、ずっと頑張ってきました。M‐1を優勝したいなと思って芸人始めたので、夢のようです。

鰻:僕はすごく貧乏だったので、M‐1チャンピオンという称号があれば一生食えると思いました。

橋本:抱き合ったけど、お互い涙が出てなかった。

鰻:意外に実感出るのが遅い。まだ実感が来てないですね。

――昨年と審査員が変わり、松本さんや巨人さんになったが

橋本:緊張しました。なるべく審査員の方々の楽屋の前を通らずにトイレに行こうかと。接触すると緊張するから。でも尊敬する方々に審査されるのはうれしかった。

――優勝すると漫才よりテレビなどがメーンになるコンビが多いが

橋本:漫才が基盤なので永遠にやると思います。それは間違いない。漫才は2人でできるし、誰にもジャマされないから。

鰻:漫才、大好きなので。

橋本:バラエティーとかたくさん出させてもらえるようになっても、舞台は立ち続けると思います。

鰻:チャンピオンという称号ができたんで、いろんな漫才に挑戦することができると思います。ネタがイマイチやったとしても「チャンピオンやから」ということが相当でかい。納得させることができるんで、今後。

――賞レースで優勝したら大阪から東京に移る芸人も多いが

橋本:いつかは行きたいと思ってました。関西に恩返しする意味でも全国区にならないと、と思ってたので、そういう意味では東京に興味があります。

鰻:前から考えてはいました。

――2本目のネタが終わった時、勝てると思った

橋本:いや、これねえ、難しい戦いになったと思いました。

鰻:審査員の人と同じ顔してました。

橋本:満票はないな、と思いました。スーパーマラドーナさんと和牛がすごかったので。

シェアする

フォローする