電車で女性の髪切る=「売るため」大学院生逮捕―愛知県警

エクステが大流行した頃、人工的に作られたファイバーの毛質と、人毛のエクステと2種類ありました。ファイバーは熱に弱いので、あまりアイロンなどを使ったアレンジがしにくいという事がデメリットでした。それに比べて人毛はきちんと本物の髪の毛のようにアレンジも自由自在で絡まりにくいので人気でしたが、価格は結構高かった記憶があります。その当時の噂では人毛は中国人の毛だなんて言われていましたが、実際のところはどこが原産地なのっかは全く知りません。しかし電車内で髪の毛を売るために、突然他人からバッサリと伸ばしていた毛を切られたら恐ろしいですね。

電車内で女性の髪を切ったとして、愛知県警は5日、傷害容疑で同県一宮市明地、大学院生吉田晃也容疑者(23)を現行犯逮捕した。

容疑を認め、「オークションで売却するためだった」と供述しているという。

同県の名古屋鉄道などの車内では2013年5月以降、女性が髪やスカートを切られる被害が約30件発生。吉田容疑者は「他にもやった」と話しており、県警は関連を調べる。

逮捕容疑は5日午前7時40~55分ごろ、名鉄の国府宮―名鉄名古屋間を走行中の電車内で、同県稲沢市の派遣社員女性(40)の髪を背後からはさみで約35センチ分、切った疑い。

県警中村署によると、被害が多発していた通勤時間帯に鉄道警察隊員が警戒中、不審な動きをする容疑者を発見。混雑する車内で女性の髪を切っていたため取り押さえた。女性にけがはなかった。

シェアする

フォローする