石原さとみ「地味スゴ」クランクアップで涙「20代最後の作品がこれで良かった」

彼女がドラマ内で世間に与える影響力とは物凄いものだと思います。着ているものから身に着けているアクセサリー、上方から何から何まで流行の発信源となります。それだけみんなが真似したくなるほど可愛いという事ですね。彼女の20代最後のドラマがこの「地味スゴ」になりましたが、30歳になってもまだまだ若々しい彼女ならどんな役柄でも演じることができそうです。これからも女優業としての活躍を応援していきたいですね。

IMG_9218

7日に最終回を放送する女優・石原さとみ(29)主演の日本テレビ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」(水曜後10・00)がクランクアップを迎えた。石原は涙ながらに「20代最後の作品がこれで良かった」と感謝した。

宮木あや子氏の小説「校閲ガール」シリーズを基に連続ドラマ化。ファッション誌の編集部を志望しつつも、地味な仕事とされる校閲部に配属された河野悦子(石原)の奮闘を描く。初回から9週連続して2桁台をキープしており視聴率が好調。今クールを代表する人気作になっている。

最後のシーンが撮影された場所は校閲部のセット。いつもと変わらず意気揚々と調べものに飛び出してゆく悦子を、部長の茸原渚音(岸谷五朗)、米岡光男(和田正人)や藤岩りおん(江口のりこ)らお馴染みの面々が見守るシーンだった。

今年9月初旬にクランクインしてから約3カ月の撮影を終えた石原は「長いようで短かったこの3カ月、プライベートな時間も含めて、河野悦子のことだけを考えて生きてきた気がします。台本が面白くて、この(悦子という)役が楽しくて、ベテランで頼りがいのあるスタッフとキャストの皆様と一緒にお芝居をするのが、本当に心地よかったです」と振り返った。

作品を通じて「“女優業って実は地味な仕事だなあ”と思うこともあるのですが、これだけ反響があって、これまでドラマを見てこられなかった方たちにも観てもらえたりすると、お芝居って、女優業って、作品をみんなで作ることって、こんなにも楽しくて影響力のあることなんだと知りました」と女優業のやりがいを改めて実感。

「20代最後の作品がこれで良かったと、そして、これからもお芝居を続けていこうと思いました。皆さんのおかげです。これからも宜しくお願いします」と周囲のサポートと視聴者に感謝の思いを述べた。

最終回は、ファッション誌編集長の亀井(芳本美代子)から、企画書を書いてプレゼンするように言われた悦子(石原)。念願のファッション誌編集部に異動できるチャンスが訪れる。そんな中、悦子は貝塚(青木崇高)から、本郷(鹿賀丈史)の盗作を訴える告発文が送り付けられたと知らされる。告発文の送り主は1カ月前に発表した作品と本郷の最新作が酷似していると主張していた。貝塚は、本郷の最新作と告発文の送り主の作品を細かく検証すれば手がかりが得られるかもしれないと考え、校閲部に2つの作品の事実確認を依頼。悦子たち校閲部の面々と幸人(菅田将暉)は協力して、本郷の盗作疑惑を晴らすために奔走する、という内容。悦子の選んだ道は…最終回の展開から目が離せない。

シェアする

フォローする