稼ぐシャバーニ、食費も自分で コーヒー商品とコラボ

イケメンゴリラとして話題になった東山動植物園のシャバーニくん。確かによく見てみるとイケメン、彼が人間だったら逞しく整った顔立ちは相当もてたことでしょう。同じゴリラどうしてもイケメンはモテるのでしょうか。やはり体の大きさなどで周囲の雄と比べある者なのでしょう。彼は自分の商品グッズなどの販売収入で、自分の餌代を稼ぎ出します。まさにこの動物園の目玉ですね。あまりゴリラが見られる動物園もないので、一度は行って生のシャバーニ君を見てみたいものです。

IMG_9127

自分たちの食費、稼ぎます――。東山動植物園(名古屋市千種区)の「イケメンゴリラ」として知られるシャバーニが市販のコーヒーのパッケージに登場した。売り上げの一部は動物園のエサ代になるという。

協力しているのは、松屋コーヒー本店。ゴリラの生息地・アフリカ産の豆を使った「シルバーバックコーヒー」のパッケージに、シャバーニの似顔絵が、「ボス専用」の文字と一緒に描かれている。11月から販売を始め、1袋(税別160円)につき5円が東山動植物園に寄付される。エサ代が多くを占めるニシローランドゴリラの飼育代にあてられる予定だ。

名古屋・大須の松屋コーヒー本店では、「イケメンゴリラだ」と商品を手に取る客らもいる。同市昭和区の会社員高林麻衣子さん(35)は、友人への贈り物に5袋購入した。「手軽に(動物たちへの)応援ができて良いと思います」

東山動植物園によると、昨年度のエサ代は約1億5千万円で、このうちシャバーニら計5頭のニシローランドゴリラのエサ代は約760万円。1日に5頭で計約60キロ(約2万1千円)分の野菜を食べる。

シェアする

フォローする