女子高生はなぜ答案用紙や自筆ノートを晒すのか SNSに増殖している「勉強垢」

SNSに自分の勉強の成果や勉強の進行状況などを報告する画像が流行っているようです。自分はこれだけ頑張っていますよ、みなさんはどうでしょうか、というのを確認したいのでしょうか。しかしライバル心の強い子であれば、これを見てさらに負けていられないとやる気を出すことに繋がるかもしれません。逆に全く手を付けていない子からしたら、周囲に置いていかれているような劣等感を抱くかもしれません。少し前まではテスト前に自分が勉強していることは周囲に隠し、ちゃっかり高得点をとってしまうのが定番でしたが、今は自分から発信していくのですね。

IMG_9124

もうすぐ受験シーズン。ツイッターやインスタグラムでは志望校に合格するため、成績を上げるための「勉強垢」が大量に作られ、盛り上がりを見せている。「垢」というのはアカウントを示すネット上のスラングだ。

ここでは勉強の進行状況を報告したり、学校のテストの結果を写真で公開したりしながら、ネット上の勉強仲間とつながっている。この「勉強垢」、盛り上がるきっかけになったのが学習管理SNS「Studyplus」で、今や会員は200万人を突破し、高校生3年生の3人に1人が利用している。特に女子高生に大人気なのだという。

■「無事 怒涛の2日連続3教科を 乗り越えました」

「勉強垢」というのは勉強、受験、テストなどに関するアカウントの総称で、開設している人は数百万人ともいわれている。ちなみにインスタグラムで「勉強垢さんと繋がりたい」という一つのハッシュタグだけで28万件以上の投稿がある。

勉強を教えてほしいとか、進路相談というものもあるにはあるのだが、自分の勉強の進行状況を知らせるものが多く、教科書や使っている自筆のノート、使っている文房具の紹介、テストの結果報告では自分の答案用紙の写真をアップし点数を公開している人もいる。インスタグラムには、

「おっはようございます。今日も5時起き。毎日5時起きを9月ぐらいから続けてきたら、最初のころより朝早いの大丈夫になった気がする」

「範囲全く終わってないのに寝落ち。さっき起きた、最悪」

「無事怒涛の2日連続3教科を乗り越えました。今日は世界史数Ⅱ。世界史は日曜にだいぶ勉強してたので昨日はワークもう1回解いてややこしいとこパパってまとめただけ」

などといったコメントが付いている。

ツイッターの「勉強垢」の特徴は、学習管理SNS「Studyplus」へのリンクが張られている事だ。自分がやった勉強や教材、勉強時間などがグラフで表示されるものだが、実は、高校生を中心とした「勉強垢」の大ブームは、このアプリの登場がきっかけだった。

シェアする

フォローする