ポケGO事故 父親がながら運転厳罰化直訴

あれだけ話題になっていたポケモンGOですが、最近では全く耳にしなくなりました。もう人気の波は去って行ったでしょうか。こうして人気が廃れていくと、何があんなにも夢中にさせたのかわからなくなりますね。深夜に公園に大の大人たちがぞろぞろ集結し合って、レアなポケモンの出現を待ったり、運転中にも携帯操作し事故を起こしたり、携帯画面に夢中で高所から転倒したりと、色々な事故もありました。ただ事故に巻き込まれた親族からしたら過ぎ去った流行の用には行きません。亡くなった命は返ってこないのです。

IMG_9099

今年10月、愛知県一宮市で「ポケモンGO」をしながら運転していた男のトラックにはねられ、小学4年生の男の子が死亡した事故で、男の子の父親が2日、国家公安委員長と面会し、「ながら運転」の厳罰化などを訴えました

東京駅前で... 「与えられた短い時間の中で、しっかりと気持ちを伝えたい」(父親・則竹崇智さん)

愛知県一宮市の則竹崇智さんの次男・敬太くん(当時9)が、今年10月、一宮市あずらの交差点で「ポケモンGO」を操作しながら運転していた川合信右被告(36)のトラックにはねられ、死亡した事故。父・崇智さんは、2日、東京・霞が関の国家公安委員会へ向かいました。

「是非、厳罰化に向けて検討を始めて頂きたいと思っていますので」(父親・則竹崇智さん)

面会の時間は、わずか15分。愛知県知事や一宮市長とともに松本純国家公安委員長に、「ながら運転」の取り締まり強化や罰則の強化などを求めました。敬太くんの事故の経緯を書いた手紙も渡したといいます。

公安委員長との面会の場で...

「こういう悲劇が繰り返されないように、是非厳罰化に向けて、お願いしたいと思いまして」(則竹崇智さん)

「ご家族としては、耐えられない思いで一杯だと思います」(松本国家公安委員長)

面会を終わって... 「事の重大性を認識して頂いた。しっかり厳罰化に向けて検討してほしいと、短時間だが説明させて頂いた。きっと、その動きが出て来ると信じています」(父親・則竹崇智さん)

同じような悲劇は、二度と繰り返されてはならない。その思いを父・崇智さんは訴え続けます。

シェアする

フォローする