70歳以上はATM一部制限…愛知の15信金

振り込め詐欺被害を少しでも減らすために70歳以上の方のATMを一部規制するようです。正当な理由で振り込む場合に限ってはATMを規制されるのは面倒に思うかもしれません。しかし騙されている側も騙されていると分かっていながら振り込んでいる訳ではありません。第三社の助言があり、被害にあう前に食い止められることもあるでしょう。この間私も銀行へ行って振り込んできたのですが、たまたま金額が大きかっただけに窓口の方に少し疑われたような気がしました。なんだか何もやましいことがないのですが、挙動不審になってしまいました(笑)

IMG_9098

振り込め詐欺の被害防止のため、愛知県内に本店を置く全15信用金庫は3年以上、キャッシュカードによる振り込みをしていない70歳以上の顧客について、カードを使った振り込みをできなくする利用制限を1日、一斉に始める。

他の都道府県では例のない取り組みという。

県警によると、利用制限は同県岡崎市の岡崎信用金庫が11月1日、全国で初めて導入。同月14日、市職員を名乗る男から「保険料の過払い金がある」などとウソの電話を受けた70歳代女性の被害を未然に防ぐ効果を上げ、他の14信金も追随することを決めた。

顧客が現金自動預け払い機(ATM)からカードによる振り込みを希望する場合は、窓口で本人確認と振り込み目的のチェックを行う。県内の特殊詐欺の被害総額は32億400万円(10月末現在)と前年同期より3億7800万円増加。県警の担当者は「同様の取り組みが全国に広がれば、被害を減らせる」としている。

シェアする

フォローする