車のパワーウインドーに首挟まれたか、2歳男児が心肺停止

母親がスーパーで買い物中に、悲劇が起こりました。車内残された兄弟のうち、2歳の弟がパワーウィンドウの窓に首を挟まれて心肺停止状態のようです。車に戻った母親が見たのは、窓から首を出してぐったりしている子供の姿。確かにこの状況が絶対にないとは言い切れませんよね。エンジンを付けていた状態であれば、ギアをドライブにだって入れられたかもしれません。何が起こるかわからない状況だからこそ、短時間であっても子供を車内に置いてどこかへ行くのはやめましょう。

IMG_9067

新潟県上越市にあるスーパーマーケットの駐車場で30日夕方、2歳の男の子が車の窓ガラスから首を外に出し、ぐったりした状態で見つかりました。現在、心肺停止の状態です。

30日午後6時半前、新潟県上越市にあるスーパーマーケットの駐車場で、20代の母親が買い物を終えて軽乗用車に戻ったところ、2歳の次男が左の後部座席の窓ガラスから首を外に出した状態で、ぐったりしているのを見つけました。次男は心肺停止の状態です。

警察によりますと、事故当時、後部座席には長男と次男が乗っていました。エンジンはかけられたままで、母親が離れたのはおよそ10分でした。警察は、何らかの原因で次男が車のパワーウインドーに首を挟まれた疑いもあるとみて詳しく調べています。(01日03:00)

シェアする

フォローする