野良猫を結束バンドでつるし虐待容疑 男を書類送検

野良猫をまたたびなどでおびき寄せ、首に結束バンドを巻いてつるし上げ、頭をけるなどしていた男が逮捕されました。凶悪な事件を起こす人は、こうして人間に危害を加える前に身近な動物などを虐待する傾向がある用です。徐々にエスカレートすることで、対象が人間に写っていくのでしょう。この段階で逮捕できてよかったと思うべきか、もう根本からこういった人間が回心することはないのか不明ですが、被害にあった野良猫たちは不幸だっとしか言いようがありません。

IMG_9042

野良猫を結束バンドでつるして虐待したとして、福岡県警は29日、福岡市早良区の無職大崎周平容疑者(34)=銃刀法違反容疑で逮捕=を動物愛護法違反(虐待)容疑で書類送検し、発表した。容疑を認め、「ここ1年くらいで野良猫を3匹殺した」と供述しているという。

早良署によると、大崎容疑者は11日午後4時25分ごろ、早良区室住団地の河川敷で、野良猫の首に結束バンドを巻いて手でつるし上げ、頭を数回蹴るなど虐待をした疑いがある。用意したマタタビで野良猫をおびき寄せたという。

目撃した通行人が大崎容疑者を取り押さえ、警察に通報。その間にネコは逃げたという。署は、包丁2本を所持していたとして大崎容疑者を銃刀法違反容疑で現行犯逮捕した。

その後の調べに「自宅の敷地でネコがフンや尿をするので、嫌いだった」と説明。過去1年ほどの間に「早良区内で野良猫3匹を結束バンドでつるして蹴るなどして殺した」と供述した。署は付近を調べたが、死骸は見つかっていない。(鈴木峻)

シェアする

フォローする