中野被告に無期懲役判決<船橋女性生き埋め殺人>

知人女性の友人を拉致し、拘束してから財布を奪い、そのままあらかじめ掘っておいた穴に生き埋めにしたとして、重い刑が科せられました。人間としてこんな非道なことができる時点で、精神状態も崩壊しているのではないかと疑いたくなりますが、平常心でこんな卑劣なことができてしまう人間が、世の中にはいるということですね。砂の中で生き埋めにされた女性の、恐怖や怒りや後悔など色々な思いがあったでしょう。どのくらいの穴の深さだったのかわかりませんが、やはり結束バンドで縛られた状態では、もがいて穴から出ることは不可能だったのでしょうか。本当に怒りが込み上げてくるような事件です。

千葉県芝山町の畑で昨年4月、船橋市の女性=当時(18)=が遺体で見つかった事件で、女性を生き埋めにして殺害し財布を奪うなどしたとして、強盗殺人罪などに問われた住所不定、無職、中野翔太被告(21)の裁判員裁判の判決公判が30日、千葉地裁で開かれ、吉井隆平裁判長は「助けを求める被害者を無視して生き埋めにしており、残虐というほかない」として求刑通り無期懲役を言い渡した。

吉井裁判長は判決理由で「生きながら土中に埋められた被害者の恐怖や苦しみ、絶望や屈辱は言葉で言い尽くせるものではない」と指摘。中野被告を犯行に誘った井出裕輝被告(22)=同罪などで起訴=の指示を断ると「面倒なことになる」などといった動機は「安易で身勝手」と指弾した。

さらに、中野被告が自ら女性を縛ったり、女性を埋めた後に友人へ犯行を誇示するようなメールを送ったことなどから「相当程度、能動的に犯行に関与した。土砂をかぶせて殺害するなど犯行の主要部分を実行し、不可欠な役割を果たしている」と判事した。

判決によると、中野被告は昨年4月19日深夜、井出裕輝被告(22)と女性の元同級生の少女(19)=いずれも同罪などで起訴=らと共謀し、千葉市内の路上で女性を車に乗せて連れ去った上、手足を縛って財布などを強奪。翌20日未明、同町の畑で、事前に掘っていた穴に女性を埋めて窒息死させた。

シェアする

フォローする