サドル低すぎ!福井の高校生「謎のルール」 おしゃれ?悪ぶってる? 「急ぐときは立ちこぎ。気合っす」

地域によってカッコいい自転車の乗り方はそれぞれだと思います。私が学生の頃にはハンドルを異常なほど上に上げてカマキリスタイルの自転車が流行っていたようで、見ていて乗りづらいだろうなと思っていましたが、福井県ではサドルを一番下まで下げたスタイルで自転車を運転している学生が多数いるようです。見た感じもなんだか違和感があるのですが、何より運転士にそうです。本人たちはこぎ辛さはあるものの、気合でなんとか通学しているようです。自転車なんて売られているものをそのまま乗っていることに越したことはないと思うのですが、わざわざ改造する意味も理解できません。

IMG_8920

福井県に転勤して1年半。県内各地をうろうろしていると、気になって仕方ないことがあります。自転車のサドルの「低さ」です。上げ方知らないの?っていうくらい、若者、特に男子高校生は、買ったままの一番低い位置で乗っている人がほとんどです。どうして? 乗りにくくない? ということで、調べてみました。(朝日新聞福井総局・影山遼)

駅前で数えてみた

高校生が集まる場所といえば、まずはJR福井駅です。今年北陸初出店という「バーガーキング」もできました。11月のある朝、7~8時の通学ラッシュの時間帯に、1人で調査開始です。

ターゲットは、駅の駐輪場で自転車に乗って学校に向かう高校生たち。中学生との区別は、ヘルメットをかぶっていない、ちょっとあか抜けているように見えるという2点で行うことにしました。

こちらはスーツにコート、手にはメモ用のボード。怪しい人に思われないことを祈るばかりです。

女子はもともとの身長もあって、サドルが一番低くても違和感はありません。けれど、男子はやっぱり謎。見るからに足が余っています。

1時間で数えた高校生の自転車が146台。男子は104台で、うち85台が、サドルを一番低くしているように見えました。80%ちょいですね。多い! サドル低い族と呼ぶことにします。

カマキリハンドルは少なめ

思い出すのは記者の地元・福島県です。いま25歳の自分が高校生の頃も、サドルを下げた男子はいたものの、多くは悪ぶりたい人でした。

自転車を改造してハンドルをカマキリのようにしたり(カマキリハンドル=通称カマハン)、荷台の後ろ部分をはね上げたりするのがセット。両手を高く挙げ、腰は低く据えたヤンキースタイルで国道を飛ばすのです。高く上げた方が手が疲れにくいというのが彼らの言い分でした。

福井での低いサドルとハンドルの関係を見てみます。85台のサドル低い族のうち、荒ぶる「カマチャリ」はわずか6台。朝の登校時間を守る不良がいなかったのかもしれませんが、少ないです。

シェアする

フォローする