フランスで国民的人気 冷凍食品「ピカール」の本物度

フランスで大人気の冷凍食品メーカーが日本にやってくるようでとても楽しみです。どの商品も本格フレンチを再現したかのようなメニューで、その品質もさることながら品ぞろえも多いようです。日本とはまた違った冷凍食品で、国を超えて美味しいと思えるのかどうか疑問ですが、今の冷凍食品のクオリティはとても高いですね。基本的にお弁当に詰める冷凍食品くらいしか購入することもないのですが、たまにスパゲティや麺類の冷凍物を購入して食べてみると、外食と変わらないクオリティに驚かされます。それでいて価格は1/4程度で食べられるので、下手に外で食べるよりも冷凍食品で十分ですね。

IMG_8868

フランスで国民的人気 冷凍食品「ピカール」の本物度

ニョッキ、サーモンのパイなど、日本の冷凍食品にはないような商品が多いピカール。レンジではなくオーブンを使って焼き上げるなど、日本とは違う特徴が多くみられる拡大写真

フランス発の冷凍食品専門ブランド、Picard(ピカール)の日本1号店が11月23日、青山骨董通りにオープンした。フランスからやってきた冷凍食品の黒船は、日本の冷凍食品をどう変えるのか。

■フランス人の好きな食べものブランド調査で7年連続1位

フランスで国民的人気 冷凍食品「ピカール」の本物度

お弁当にはミートボールやから揚げ、疲れて帰ってきた日の夕飯にはチャーハンやグラタンなど、日本人の食生活の一部となっている冷凍食品。日本冷凍食品協会が今年の2月に実施した「“冷凍食品の利用状況”実態調査」によれば、約8割の人が月に一度は冷凍食品を利用しているという。買い置きができたり、調理の手間が省けたりと高い利便性がその魅力だが、この秋、業界に本格的に参入するのがフランスの冷凍食品ブランド「ピカール」だ。

ピカールは「フランス人が選ぶ好きな食べものブランド調査」で2010年から16年まで7年連続1位を獲得するなど、フランスでは国民的な人気を誇るブランド。同国を中心にイタリア、ベルギー、スウェーデン、スイス、ルクセンブルク、英国の7か国で約1000店舗以上を展開しており、ヨーロッパ以外での展開は日本が初となる。14年の秋から総合スーパーAEON(イオン)の一部店舗で販売されており、約2年の試験期間を経て単独店舗の出店に至った。

フランスで街を歩けば、あちこちでピカールを見かける。日本人がスーパーやコンビニで総菜や弁当を買うように、フランス人はピカールで昼食や夕食を買って帰る人も多い。一方で、日本の冷凍食品とは明確に方向性が異なる点もある。日本でピカールを運営するイオンサヴール社長・小野倫子さんは、その違いをこう説明する。

「日本の冷凍食品は『便利』をキーワードに、いかに手間をかけず短時間で作れるかという観点で著しい進化を果たしています。一方、ピカールでは手軽さを大切にしつつも、よりおいしさや食の豊かさ、見た目の美しさに重点を置いた進化を続けています」

シェアする

フォローする