和田アキ子、紅白落選でコメント「正直悔しい」 紅白には感謝「声が出る限り歌う」

紅白歌合戦に、長年連続で出演し、まるでこの番組ドンのように構えていた和田アキ子ですが、今年は紅白からの声がかからなかったようです。本人もこのことについて「正直悔しい」とのコメントを発表していました。しかし去っていく古株もいれば新しい株もはいってくるもので、期待の新人もたくさん出演するようです。また今更!?と思うような方の出演もあり、今年も年末は大盛り上がりの予感がしています。和田アキ子さんも新曲を出している訳ではないので、例え名曲であっても、さすがに古い曲で何年も出演し続けるのは難しいのでしょう。

IMG_8865

第67回紅白歌合戦の出場歌手が24日、東京・渋谷のNHKで発表。これまで39回の出場を誇る大御所・和田アキ子が落選となった。

和田は同日に報道各社に宛てた署名入り書面でコメントを発表した。

「今回、この様な形になり、とても残念に思っております。40回という節目でもありましたので、正直悔しい気持ちもあります。」と心境を吐露した。

一方で、昨年まで出場した紅白について「これまでトリも務めさせていただき、司会も務めさせていただき、紅白歌合戦には色々と勉強させていただきました。感謝の気持ちでいっぱいです。」と御礼の気持ちを記した。

今年40回目の出場は逃したが「これも、これからの歌手人生のための1つの通過点と思っております。和田アキ子は、これからも歌い続けていきます!!」と宣言。「いくつになっても、声が出る限り、誰かの心のオンリーワンの歌手になれるように、今後も精進していきます。」と誓った。

和田は1970年に初出場。78年まで9年連続で出場を果たした後、1986年に復帰し、以降は30年連続で紅白出場。今年は31年連続の出場を目指していた。トリを務めることも7回、紅組司会を務めたこともあるなど、紅白の“顔”として活躍した。

シェアする

フォローする