トランプ氏や家族の警護費用、1日1億円超 米NY市

国民に嫌われた大統領が、自分の身を守るために一日1億円以上もの警護費用が掛かっていることが分かりました。嫌われ者とは辛い立場ですね。そこまで嫌われるような政策を謳っているようには思えないのですが、その意見は両極端でしょう。自分の身だけでなく家族を全面的に押し出しているトランプ氏は、家族の身の安全も守らなければなりません。それにしても一日にそれだけの費用を払う資産があることに驚きです。この警護はいったいつまで続ければいいのでしょうか。なにか新しい国民のためになるような政策を出して、少しでも自分の立場の安全を確保しなければなりませんね。

IMG_8844

ニューヨーク(CNNMoney) ドナルド・トランプ次期米大統領の自宅がある米ニューヨーク市で、同氏や家族の警護に毎日100万ドル(約1億1000万円)を超える経費がかかっていることが、市当局者らの話から明らかになった。

ニューヨークに大統領が常時滞在するという状況は前例がないという。デブラシオ市長は「少なくとも就任式まではこの状況が続く。これは市警にとっても市当局にとっても難題だ」と強調した。

米国の現大統領や次期大統領の警護は主にシークレット・サービス(大統領警護隊)が担っているが、通行規制などを担当するのはその地域の警察だ。大統領が地元に滞在する時は必ず現地の警察が警護に当たることになっている。

特にトランプ氏のケースは費用がかさむ。一家の自宅は最大都市ニューヨークの中でも人口密度の高いマンハッタンの「トランプ・タワー」内にあるからだ。

本人は年明けの就任とともにワシントンのホワイトハウスへ移る予定だが、メラニア夫人と三男のバロン君(10)は少なくとも学年末までここにとどまり、トランプ氏も定期的に帰宅する意向を示している。

ニューヨーク市警(NYPD)の幹部によると、トランプ氏の成人した子どもや孫たちも全員ニューヨーク市内に住み、警護対象となっている。

デブラシオ市長は18日の会見で「警官の超過勤務を中心とする費用を援助してもらう必要がある」「一部費用の払い戻しについて、近く連邦政府と交渉を始めるつもりだ」と語った。

ニューヨークはこれまでも、外国首脳らが国連本部を訪れた際の警護などで費用の援助を受けていた。しかしトランプ氏の警備はこうした例をはるかに超える事態だと、同市長は話している。

シェアする

フォローする