女性教諭、生徒に侮蔑的あだ名 西宮市が解決金

女性経論が一人の生徒に対して名前に「エロ」という字を付け足したあだ名で呼んでいたようで、その生徒が訴えを起こしたようです。なんだかおふざけの延長のようにも思いますが、私が学生の頃にも生徒目線で親しまれている男性経論が、渡したとと同じように冗談を言って笑ったりも不通にあったと思うのですが、今ではそんなことでも訴えられる時代になったのですね。確かに生徒と教師は同じ立場ではない、子供に混じってふざけているという行動自体も慎まなければならないのかもしれませんが、子どもからしたら自分の目線で接することができる教師はなくてはならない存在だと思います。

IMG_8843

兵庫県西宮市は22日、市立中学の女性教諭(58)が、当時中学2年の男子生徒に不適切な発言などをしたとして、解決金225万円を生徒側に支払ったと発表した。教諭は男子生徒の名字に「エロ」を付けたあだ名で呼んでいた。

市教育委員会によると、教諭は2012年9~12月、授業中などに男子生徒の名前をもじり「エロ○○」とあだ名で呼んだほか、「姿勢が悪い」と生徒の尻に膝を当てたり、髪を引っ張ったりしたという。

教諭は「ほかの子どもが呼んでいたのをまねた。(いやらしい話をしないよう)注意喚起するつもりだった」と話しているという。

生徒の両親から苦情があり、学校側は教諭を口頭で厳重注意。しかし、3学期に入ってから生徒は学校を休みがちになり、その後転校した。13年秋には精神障害の診断を受けたという。

生徒側は教諭の不適切な言動で精神障害を負ったとして、今年2月、西宮市に対し1961万円の損害賠償を求める調停を申し立て、10月26日付で調停が成立した。

市教委は「不適切な指導方法があり、誠に遺憾。精神的肉体的苦痛を与えたことを謝罪し、再発防止に努めたい」としている。(前川茂之)

シェアする

フォローする