コストコのスロープ崩壊、再捜査へ 無罪判決で東京地検

コストコと言ったら会員制の大型スーパーで、海外の商品を多数取り扱うお店です。非会員である私は、たまに会員証を持っている友人にくっついて買い物に行くこともありましたが、物珍しいモノがたくさん並んでいる店内は、すべてがビックサイズできらびやかです。その陳列方法に問題がある用には思いませんが、地震などの震災により上に積み重ねられた荷物の下敷きになる被害もあったようです。これはどこにいても起こりうることなので、責任問題がどこに行くのかだけが独り歩きしています。近日コストコへ行く予定なので、何を購入するのか今から考えるのだけでも楽しみです。

IMG_8841

東日本大震災で「コストコ多摩境店」(東京都町田市)の駐車場スロープが崩れ、8人が死傷した事故で、業務上過失致死傷罪に問われた1級建築士(69)の無罪が確定した東京高裁判決を受けて、東京地検が再捜査に乗り出すことが分かった。判決は他の関係者の責任に言及しており、1級建築士以外の過失の有無を調べ直す。

検察審査会の判断などで再捜査することはあるが、無罪判決を受けて再捜査を始めるのは異例のことだ。

事故は2011年3月11日に発生。震度5弱から5強程度の揺れで駐車場のスロープが崩落し2人が死亡、6人が負傷した。スロープなどの耐震設計に欠陥があったとして、警視庁は4人を書類送検。東京地検立川支部は13年12月、途中から設計を引き継ぎ、構造を変更した1級建築士が振動差が生じやすい構造設計をしたとして起訴。他方で、設計の統括責任者ら3人は嫌疑不十分で不起訴処分とした。東日本大震災による事故では初めての起訴だった。

だが、公判の途中で起訴内容を変更。統括責任者らが設計内容を正確に把握できるよう、1級建築士が適切に伝える配慮をしなかったことを過失ととらえた。

一審・東京地裁立川支部は1級建築士を有罪としたが、今年10月の控訴審判決は、逆転無罪とした。「通常は統括責任者らが、変更内容を確認すべき義務がある」と、他の関係者の責任について異例の言及をした。東京地検は変更後の起訴内容をもとに、1級建築士以外の過失責任について調べる。(小林孝也、久保田一道)

シェアする

フォローする