「無断で行われているもの」 チケットキャンプの嵐コンサートキャンペーンにジャニーズ事務所が抗議文

ジャニーズのファンクラブには、ファンクラブ内での暗黙のルールだったり、一般人にはわからないルールがたくさん存在するようです。たとえばジャニーズに所属しているアイドルたちにプライベートの時にあっても、話しかけてはいけないなど、彼らのプライベートな生活を脅かすような行為は禁止されています。好きだからこそ遠くからそっと見つめるという純愛なのです。このままプライベートな時間にまで入っていてて騒がせてはいけないというファンならではの優しい気遣いですね。私も小学生の頃はジャニーズが大好きで、うちわを作ったり雑誌の切り抜きを集めていたりしましたが、もうすっかり興味が無くなりました(笑)

IMG_8791

ジャニーズ事務所は11月19日、チケット売買サイト「チケットキャンプ」が「ジャニーズ応援キャンペーン」を行っていることに対して、公式サイト上で抗議文を掲載しました。

「チケットキャンプ」が行う「ジャニーズ応援キャンペーン」とは、嵐のドームツアー「嵐 ARASHI LIVE TOUR 2016-2017 Are You Happy?」のチケット売買についてのキャンペーンで、2016年11月16日17時30分から、2017年1月8日までの取引成立分については取引手数料が無料になるというもの。

ジャニーズ事務所はこの告知に対して、「『チケットキャンプ』というチケット転売サイトにおいて、『ジャニーズ応援キャンペーン』と称したキャンペーンの開始が公表されましたが、当該サイトの運営会社はジャニーズ事務所ならびにジャニーズ関連会社とは一切関係がなく、当該サイトにおける『ジャニーズ』との名称の記載は無断で行われているものです」と見解を示しました。

ジャニーズ事務所によると、前述の嵐のドームツアーにおいて、チケットの不正売買が多数発覚。無効となった転売チケットの中に「チケットキャンプ」での転売対象となったものが多数含まれていたとのこと。公式サイト上で無効チケットの一覧を掲載するとともに「当然ながらその他の転売サイトにおける売買も同様に違反行為にあたります」とし、正規販売以外でのチケット購入を控えるよう呼び掛けています。

ジャニーズ事務所は今年8月、「チケット高額転売取引問題の防止」について音楽系団体と共に新聞への意見広告も行っていましたが、サイトを名指ししての抗議は今回がはじめてとみられます。

なお「チケットキャンプ」では11月20日11時45分時点で、キャンペーンの取り下げなどは行っておらず、1枚8万5000円や、2枚で12万5000円など定価を大幅に上回る価格での取引が続けられています。

シェアする

フォローする