極楽・山本、吉本電撃復帰!淫行問題クビから10年…ロンブー淳ら集結「軍団」涙

遂に極楽とんぼの山本が吉本に復帰しました。もうメディアに写るようになり、加藤浩二との全国ツアーが決まってからは、確実に事務所に戻るだろうなとは思っていましたが、これで晴れて本当に吉本のお笑い芸人としての活動が増えていきそうですね。まだまだ全国テレビでコンビとしての活動はあまりないのですが、そのうちめちゃイケでもレギュラーとしての出演が増えていくのでしょう。もうあれから10年もたっていたなんて、時の流れは速いモノですが、当事者からしたらこの10年はとても長く苦しい10年だったのでしょう。

IMG_8789

「極楽とんぼ」の山本圭壱(48)が10年ぶりに吉本興業に電撃復帰することが20日、発表された。この日、都内で行われた全国ライブツアーのファイナル公演で、相方の加藤浩次(47)とともにファンに報告した。山本は2006年7月に北海道函館市で淫行騒動を起こし、同月に吉本が契約解除。15年からはフリーとして単独ライブなどを行い、16年9月から15年ぶりに「極楽とんぼ」としてツアーをスタートさせていた。

「極楽とんぼ」ツアーの最終日。最後に加藤が突然「発表させてもらいます」とファンに語りかけた。「ぼくと山本と吉本興業の大崎(洋)社長と10日ぐらい前にお話しさせていただき、『戻ってくるか』というお話を頂きました。これからはできる限り2人で頑張らせていただきたい」―。山本が吉本から契約解除されてから10年。長いブランクを経て、念願の復帰が決定した瞬間だった。

今後は「小さいことでも何でも頑張っていきたい。山本圭壱、加藤浩次、極楽とんぼをよろしくお願いします」と一礼。壇上に駆けつけた山本に近い芸人仲間「軍団山本」のメンバーでもあるロンドンブーツ1号2号・田村淳(42)、ココリコ・遠藤章造(45)、品川庄司・庄司智春(40)、ペナルティ・ワッキー(44)らが涙を浮かべ、次々に祝福。ファンから「待ってたぞ」の声。極楽の2人はこの時、黒のスーツ姿。ツアー中は見られなかった正装で、喜びの瞬間を過ごした。

復帰の裏には、山本自身の姿勢はさることながら、加藤の熱意も決め手となった。加藤は吉本に対し、数年前から相方の復帰を再三、直談判。事務所から「まず山本が1人でちゃんとやった後で、2人でやればいい」と申し渡された。15年1月から山本がフリーでライブ活動を開始。今年9月からは「極楽とんぼ」としてのライブツアーを開始。吉本側に山本の改心ぶりを認めさせた。

吉本関係者は「吉本を離れて10年、本人の希望を受けて、慎重に協議をした結果」とし「いろいろなご意見があるのは承知していますが、本人のがんばりを見た結果」と世論の逆風を踏まえての復帰であることを明かした。大崎社長もお忍びで2人のライブを訪れ、山本の真摯な姿勢やネタの衰えがないことを確認、最終的にゴーサインを出した。06年7月の“事件”から10年。山本が許される日がようやく来た。

◆山本圭壱(やまもと・けいいち)1968年2月23日、広島県生まれ。48歳。89年劇団「東京ヴォードヴィルショー」の研究所で加藤と出会う。同年「極楽とんぼ」を結成、吉本興業のオーディションで同事務所入り。90年代から「めちゃ×2イケてるッ!」などに出演。05年、社会人野球の「茨城ゴールデンゴールズ」入団。06年、函館市内で少女と関係を持ち、吉本興業を解雇されていた。

シェアする

フォローする