スーパーから特売プリン消える? 乳業大手、品目数削減し高付加価値品で稼ぐ

インフルエンザの予防として毎年この時期になると明治から出ているR1ヨーグルトが爆発的に売れていきます。こういったドリンクは基本的にはある一定の時期の身でなく一年を通して飲むことで体の中に免疫力を作り、効果を発揮すると言われているので、本当はインフルエンザが蔓延する時期だけ飲んでも100%の効果はないのです。我が家では3年前から毎日欠かさずR1ヨーグルトを飲んでいるので、テレビの影響などで店頭からR1ヨーグルトがなくなると困ってしまいます。今年は店舗の方でもこういった状況を見越して在庫を大量に確保してあるようですが、なにやらR1ヨーグルトには喉に付いた菌を殺菌する能力もあるようです。

IMG_8786

乳業大手3社が、生き残りを目指して品目削減を進めている。明治ホールディングス(HD)と森永乳業は、品目数の絞り込みや不採算品の削減に取り組み、2016年4―9月期の連結営業利益で明治HDが前年同期比11・7%増、森永乳業は同54・6%増と大幅増益を果たした。雪印メグミルクも品目数や生産ライン削減を進めた効果が出た。健康志向で伸びが続く機能性ヨーグルトの好調に加え、品目数削減の“選択と集中”効果が好業績の源となっている。

明治ホールディングスは機能性ヨーグルト「明治プロビオヨーグルトR―1」や「LG21」で販売数量を伸ばす一方、加工食品事業や菓子事業で不採算品を見直し、絞り込みを実施した。その結果、両部門とも16年4―9月期の売上高は減ったものの、営業利益はそれぞれ前年同期比29・4%増と同2・4倍。競争力のない商品をやめ「高付加価値やブランド力のある商品にシフトした効果が出た」(古田純取締役執行役員)と話す。

森永乳業もプリンや果汁飲料商品で、品目数削減を実施。これらはスーパー店頭で特売されることが多く、利益率が低い。他方で差別化商品の「濃密ギリシャヨーグルト パルテノ」は販売数量が同約5割増、「おいしい牛乳」も同1%増といずれもプラスだった。ラクトフェリンやアロエヨーグルトも伸びた。「下期は機能性ヨーグルトをさらに伸ばしたい」(大貫陽一取締役)とする。

雪印メグミルクは伸長が続く「恵 Megumi ガセリ菌SP株ヨーグルト」で、ドリンクタイプの生産能力を8月から2倍に増強した。需要期に貢献した効果もあり、16年4―9月期の連結営業利益は同43・4%増になった。同社の西尾啓治社長は「生産ライン数は13年を100とすると、現在は83に集約している」と説明。さらに「減らしたところに成長商品のラインを新設することで建設費用も削減できた」と成果を強調する。

シェアする

フォローする