笑点絶好調 タブーネタを解禁して若い世代にアピール

笑点では名司会者である桂歌丸師匠が降板し、新たに春風亭昇太氏が司会者としてその席に座りました。一時は少し視聴率が落ちたものの、若い春風亭昇太氏だからこそメンバーたちもそれぞれ自由に発言ができ、タブーとされるような話題も嵐のように飛び交っています。見ている側はそういったタブー発言や、問題になっている事件を少しひねって笑に変えてくれるようなトークについつい笑ってしまいます。タブーだらけのテレビ業界ですが、どこかが突破口になりこういった縛りだらけの業界に改革を起こしてほしいですね。

image

5月から桂歌丸(80)に代わり『笑点』(日本テレビ系)の新司会に就任した春風亭昇太(56)。だが海千山千のベテラン回答者たちは昇太の言うことを全然聞かない。三遊亭小遊三(69)いわく「学級崩壊」の状態なのである。この状況について昇太は「そうなんですよ~。歌丸師匠の時は皆さん、けっこう司会の言うことを聞いてたのに、僕になったら聞かなくなったんです」と語り、こうした変化については昇太自身も楽しんでいると、本誌の直撃に答えている。
歌丸時代とはまるで変わってしまった『笑点』。しかし意外なことに、視聴者には歓迎されているようだ。直近の放送(11月6日)は、21.6%と絶好調だ。落語評論家の広瀬和生氏はこう評する。
「『笑点』を立ち上げた立川談志師匠は当時30歳。今よりもっとハジけた内容でしたし、黄金期と言われる70年代の司会・三波伸介さんも40代でみんなのびのびやっていた。歌丸司会時代にはなかったこの“何でもあり”のノリこそ、『笑点』の姿なんです」
1980年から8年間、『笑点』メンバーとして活躍した桂才賀(66)も頷く。
「司会者が若返って、メンバーはやりやすくなってると思いますよ。何しろ上から目線で突っ込める。昇太さんと円楽さんの掛け合いは笑いが取れる芸ですね。かつて歌さん(歌丸)が回答者だった頃、三遊亭小圓遊師匠と“ハゲタカ”“バケモノ”とやり合っていたのを思い出します」
こうした空気の変化もあってか、タブーネタにもどんどん踏み込んでいく。
7月3日には、ラブホテルでの不倫報道をフライデーされた円楽がイジられた。昇太が「メンバー紹介の前に山田さん、円楽さんの座布団全部もってっちゃって!」と始める。その後、好楽が、挨拶で小学生に円楽と間違われたというエピソードを披露。「どこに住んでるの?」と聞かれ「ホテルと答えた」というと客席はドッカーン!
話題のゲス不倫で、爽やかにお茶の間を爆笑に導いたのだから流石である。
「歌さん時代だったらなかった展開。以前の『笑点』では“下ネタは避ける”という暗黙のルールがあったから。昇太さんに変わってその辺が増えてきたね」
と前出・桂才賀はいう。このあたりのマイナーチェンジは、制作サイドの意向も大きいという。日テレ関係者がいう。
「『笑点』のスポンサーは当然ながら高齢者をターゲットにする企業が多い。一方で、局の上層部はもっと先のある若い世代に視聴者を増やして新たなスポンサー獲得につなげたい思惑もあるんです。だから司会交代を機に徐々に若者向けのネタを増やしている。その辺をやってのける昇太さんは大したもんです」
※週刊ポスト2016年11月25日号

シェアする

フォローする