中国道を20キロ逆走 70代男性「認識なし」

加東市の中国自動車道東行き車線で70歳の男性が高速道路を20キロ近く逆走していたことが分かりました。通常の道路よりもスピードの出ている高速道路で、このような異常事態が発生したにもかかわらず、事故が起きなかったことは奇跡に近いでしょう。いつものようにこう素行道路を運転している人も、まさか前から対向車がくるとは思ってもいない光景です。本人は逆走している意識はなかったと話していますが、高速道路に乗っているという事すら認識していなかったのかもしれませんね。本当に高齢者の事故や交通ルール違反が目立ちます。

image

20日午前4時50分ごろ、加東市の中国自動車道東行き車線で、走行中の車から「(西向きに)逆走する車がある」と110番があった。兵庫県警高速隊によると、大阪府高槻市の男性(70)運転の乗用車が、ひょうご東条インターチェンジ(IC)-加西IC間約20キロを逆走し、同隊員が加西IC付近で乗用車を制止させた。事故はなかった。

同隊の調べに男性は「逆走していた認識はなかった」と話しているという。男性はひょうご東条ICから入り、東行き車線を逆走し始めたといい、同隊が男性から事情を聴いている。

この逆走で東行き車線は、滝野社IC-ひょうご東条IC間が約20分間、通行止めとなった。

シェアする

フォローする