自閉症、ニホンザルも…人間以外で初の確認

人間と近い動物である猿の間でも自閉症を持つ個体が発見されたようです。確かに私たち人間の中に存在するのですから、猿の中に同様のケースの個体が表れても不思議ではありません。群れの中でもずいぶん生きづらい思いをしているのかもしれませんね。発見された猿は、飼育員に懐かず、自分の詰めを噛むなど、自閉症の人がとる行動と近い行動を繰り返しているようです。発達障害の総称として自閉症と呼ぶので、実際には詳しい名前はついていませんが、周りの猿たちの反応や対応も気になりますね。

image

対人関係を築きにくいとされる「自閉スペクトラム症」と同じ症状を持つニホンザルを確認したと、自然科学研究機構生理学研究所(愛知県岡崎市)などのチームが明らかにした。

人間以外の動物で、遺伝子操作をせずに自閉スペクトラム症が確認されたのは初めてという。

他者の行動に反応する神経細胞がほとんどなく、遺伝子の特徴も人と共通していた。チームは「これまで謎だった自閉スペクトラム症の仕組みの解明につながる」と期待している。

自閉スペクトラム症は自閉症などの発達障害の総称で、人間では100人に1人程度いるとされる。チームは飼育中のサル1匹が人になつかず、自分の爪をかむ行動を繰り返すなど、自閉スペクトラム症に似た特徴を持つことに着目。遺伝子解析の結果、特定の遺伝子が変化した影響で、人と同じような症状が表れたと結論づけた。

シェアする

フォローする