「ダサい」観光ボランティア制服 小池知事「変えたい」

パラリンピックに向けた観光用の制服が作られましたが、驚くほどどれもださく、一般市民からも批判の声が殺到しています。どの制服も羨ましくて着たくなるようなものは一つもなく、できれば着たくない制服ばかり、これでは外からやってくる外国人観光客からも同じように思われてしまうでしょう。小池都知事はこれに対して積極的に制服の変更をしていきたいと発言していました。とても行動力のある都知事が就任してくれて、こちらとしても気持ちがいいですね。有名なデザイナー程奇抜で理解できないデザインのモノが多いので、作り手の選出も考えた方がいいような気がします。

image

東京都の小池百合子知事は18日、2020年東京五輪・パラリンピックに向けて、外国人観光客を案内している東京都のボランティアの制服を問題視し、「ちゅうちょなく変えていきたい」と述べた。昨年6月のお披露目以降、ネット上で「ダサい」などと否定的な意見が相次いでいた。

制服は、都が若手デザイナーを起用して制作した。都によると、ポロシャツや防寒着など4種類、計3735着がつくられ、昨年6月からボランティアが着用している。制作費用は計約3015万円にのぼる。

小池氏はこの日の定例記者会見で4種類の画像を示しながら、「申し訳ないけど、色もバラバラ。『これを着たいからボランティアになります』という話も聞いていない」とばっさり。

デザイナーのコシノヒロコさんら有識者による「東京ブランドのあり方検討会」を25日に立ち上げ、今後の方向性などを協議する。「より研ぎ澄まして、都民が着たいものにすることが東京のPRになる」と述べた。(野村周平)

シェアする

フォローする