博多陥没 「賠償金は必要なところに」受け取り辞退の経営者も

博多の地面陥没に伴い営業ができなくなった店や、営業に支障が出た店舗や企業に対して賠償金が支払われることになりましたが、そこで一つの店舗が受け取りを拒否したようです。今回の損害は大したことはない、ここで頂けるはずだったお金は、震災で今もなお辛い思いをしている被災地へ寄付してほしいと、何とも心温まるお話があったようです。こういう温かい話があると、広告を打つよりも宣伝効果がありますね。一体どこの店がそんなことしたんだろうと、人の目をひくことになります。こういった人の善意の輪が広がるといいですね。

陥没事故で支払われる賠償金について、辞退を申し出た経営者がいる。東日本大震災や熊本地震の被災地で支援活動に従事した経験から、「私たちの被害は小さかった。もっと他の必要なことに使ってほしい」と語った。

はかた駅前通りに面する「タカラ薬局」には、事故が起きた8日、避難勧告が出た。9日には再開でき、休業は1日だけだったが、数十万円の損害が見込まれる。

それでも岡村由紀子社長は市職員に「賠償金はいりません。市で他に役立つことがあれば、そのことに使ってほしい」と申し出た。

岡村氏は東日本大震災や熊本地震の被災地で、薬剤師として支援活動をした。甚大な被害を目の当たりにした。

だからこそ、今回の陥没事故で犠牲者が出なかったことに、心からほっとした。

「一人の命も奪われなかったのは、現場のみなさんの素早い対応があったから。迅速な復旧にもありがたいと思っている」

事故発生まで、現場では地下鉄七隈線の延伸工事が進んでいた。岡村氏は「夜間、仕事をする作業員をよく見かけた。これからも頑張って、工事を進めてほしい」とエールを送った。

現場そばにある「九州総合診療クリニック」(岡田享子院長)も、賠償金の受け取りを辞退する。

避難勧告が出た8日は休診を余儀なくされた。9日に再開したが、数日間は来院者が普段より少なかった。それでもクリニック側は「東日本大震災や熊本地震と比べて被害が小さかった。自分たちがもらうより、別のことで街に役立ててほしい」とした。(高瀬真由子)

シェアする

フォローする