あの筍煮、鮪もおつまみに 崎陽軒新業態「シウマイBAR」東京駅出店、そこにある目的

以前横浜に行った時に、今まで意識したこともなかったのですが、山陽軒のシウマイがやたら目だって、気にもならなかったシウマイ弁当が美味しそうに見えました。たまたまテレビで山陽軒のシウマイが紹介されていたこともあり、店頭に階に行った時に完売でした。無いとなるとさらに食べたくなるのが人間の心理ですよね。そのあと地元に帰ってきてからその辺に売っている山陽軒のシウマイ弁当を食べましたが、思っていたよりも感動するような味ではありませんでした。しかしシウマイ専門のBARとなるとまた気になります。

image

蒸したての「シウマイ」全種類を、お酒と一緒に
あの筍煮、鮪もおつまみに 崎陽軒新業態「シウマイBAR」東京駅出店、そこにある目的
「東京駅一番街」で展開される「にっぽん、グルメ街道」、そのいち店舗としてオープンする崎陽軒「シウマイBAR」(2016年11月18日、恵 知仁撮影)。
横浜名物の「シウマイ」、駅弁「シウマイ弁当」で知られる崎陽軒(横浜市西区)が、「シウマイBAR(バル)」という同社新業態の飲食店舗を、東京駅八重洲口地下の「東京駅一番街」へ出店。2016年11月22日(火)のオープンを前に内覧会が行われ、その詳細が明らかになりました。

「シウマイBAR」の特徴、そのひとつは「蒸したての『シウマイ』全種類を、お酒と一緒に楽しめること」です。崎陽軒は横浜市内で飲食店舗を運営していますが、定番である「昔ながらのシウマイ」から季節限定のものまで、全種類の食べ比べができるのはこの東京駅「シウマイBAR」だけといいます。「シウマイ全種盛り合わせ」は、「昔ながらのシウマイ」「特製シウマイ」「黒豚シウマイ」「えびシウマイ」「かにシウマイ」「季節のシウマイ」の6種類が入って800円です(価格はすべて税込)。

崎陽軒の「シウマイ」は駅弁として始まったことから、冷めても美味しいよう調理されているのがポイントです。そのため、「シウマイ」は冷めた状態が“普通”でもありますが、ここではその蒸したてを食べることが可能。崎陽軒 東京事業部の加藤由紀子部長は「蒸したてもおいしいので、温かい『シウマイ』ならではの良さを知ってほしいです」と話します。ビールにもよく合うそうです。

シェアする

フォローする