Twitter、いじめ対策強化──フレーズや会話のミュート、報告ツール改善

新たに導入されるいじめ報告ツールを使うことで、いじめだと判断されるようなキーワードだったり、会話の内容をキャッチして非表示にする機能が追加されたようです。機械が自動的に判断して非表示にするという事ですが、人間の微妙な心理を読み取ってブロックすることなんて可能なのでしょうか。例えば気の許せる友人だからこそ言える汚い言葉もあります。こういった場面でも非表示にされてしまうという事でしょうか。こうなると会話が返ってこないなどのトラブルを生む可能性も考えられますね。

image

米Twitterは11月15日(現地時間)、いじめ対策の3つの強化について発表した。長く望まれていたキーワード設定による不快なツイートのミュート(非表示にする)機能などが追加された。

キーワード設定によるミュート

特定の単語、フレーズ、ユーザー名、絵文字、ハッシュタグを設定することで、それらを含むツイートを通知タブ、プッシュ通知、ショートメール、メール通知で通知されないようにできる。ただし、ツイートが自分宛て(ツイートに「@ユーザー名」が含まれる)の場合のみだ。

自分の@ユーザー名が含まれる会話の通知もミュートできる。ミュートしたい会話の中のツイートを1つ選んで右上のアイコンをタップして表示されるメニューで「この会話をミュート」をタップする。

なお、ミュートすると通知はされなくなるが、タイムラインや検索では表示される。

ミュート方法の詳細は、ヘルプセンター(日本語)を参照されたい。

報告メニューに人種や宗教に関する差別項目を追加

Twitterでは不適切なツイートを報告する機能がある。「不適切または攻撃的な内容を含んでいる」報告の際の、なぜ不適切かの理由の項目として、新たに「人種、宗教、性別、考え方などを誹謗中傷または差別している」が追加された。

サポートチームの再教育

報告はTwitterの専門サポートチームがチェックし、対策を検討する。このチームが従来より迅速に、適切に対処できるよう再訓練したとしている。さらに、対策用の社内のツールやシステムも改善した。

Twitterは、これらの取り組みでいじめなどの問題が完全に解消されるとは思っていないが、改善のためにできることはすべて実践していくとしている。「Twitterをあなたの意見を世界に広めるためのツールとして選んでくださって感謝します。われわれは、あなたが自由に発言する権利を守る役割と、人間の尊厳への責任に誇りを持っています」

シェアする

フォローする