伊藤青葉

家なき子というタイトルで売り出されたこの作品ですが、家がない少女は実際この世界にどれくらいいるのでしょう。日本ではそれほど多くはないかもしれませんが、海外の貧困地帯では当たり前のように住む場所がなく外で寝起きしている子供たちがゴロゴロいます。知人の家を転々として肩身の狭い思いをしている子供たちもいるでしょう。生まれ育った環境というものはその人の人格を形成するにあたってかなり影響を与えるものです。心が荒みそうになりながらも必死に毎日を生き抜く強い精神力がいい方に行かされてくれればいいのですが、なかなか難しい状況であることには変わりありません。

image

清楚なイメージの強いセーラー服が彼女にぴったりです

image

白ハイソですか、今では貴重なアイテムです。最近ではショート丈のソックスを合わせるのが流行のようです。

image

偽物の両親に挟まれ幸せそうな顔を浮かべる物の、現実には隠したくなるような辛い日々を過ごしているのです。

image

華奢な体から普段の食事を嫌でも想像してしまいます。きちんと食事を与えられているでしょうか。

image

毎日メイドのように朝から晩まで動き続けなければいけない肩身の狭い家なき子

シェアする

フォローする