三重県鈴鹿市の給食中止で市長が方針表明

給食の停止を巡って色々と問題になりましたが、非難の声も多く上がり、給食停止を取りやめ、避難訓練を兼ねて炊き出しを利用することになりました。子供たちはいつも違った給食に大興奮でしょう。小学校の時に泊まり込みで別の施設に行き、夜はみんなで作ったカレーを食べました。いつもと同じカレーですが、仲間たちと一緒に作ったカレーを外で食べることにより、ドンナ高級なカレーよりも美味しく感じることができました。作るまでにかかる時間はものすごくかかり、食べるのは一瞬ですが、その一瞬が何十倍にも幸せを感じさせてくれます。

image

三重県鈴鹿市が、野菜価格の高騰を理由に、市立の幼稚園と小学校の給食を2日間中止にするとし、その後撤回した問題で、市は、15日、中止を回避する分を防災訓練の炊き出しなどで、対応する方針を示しました。

「2回削減した給食のうち、1回分は実施することとし、もう1回は、災害時の訓練を兼ねた炊き出しを行い、備蓄食と合わせて給食の替わりとして提供します」(鈴鹿市  玉川登美男教育長)

鈴鹿市の末松則子市長は、15日、給食中止の回避策として、1日分を防災訓練での炊き出しなどを行い、もう1日分は献立を変更し、食材費を抑えることで対応する方針を示しました。

市の教育委員会は、先月、野菜価格の高騰を理由に、市立の全ての小学校と幼稚園で、来月20日と来年1月12日の2日間給食の中止を決めましたが、市長がすぐに撤回を表明しました。

防災訓練は、来年3月10日に実施し、費用は公費で負担する考えで、市は、今月中に結論を出したいとしています。

シェアする

フォローする