なぜ電車で同窓会? 30~40代がターゲット、そこにあるねらいとは 西武

昨日は久しぶりに電車に乗ってお出かけをしてきましたが、電車とは色々な人が乗っていますよね。目の間に乗っていた中年のおばさんがずっと煙たそうに手を鼻の前でふっていて、気になったのですが、他にも一人で何かをブツブツ言っていたり、信じられないようなマナー違反の乗客が居たり、様々です。この電車を使って同窓会が企画されたようですが、30代から40代の同窓会って意外と出会いがありそうですね。この年齢まで結婚せずに自分の仕事や趣味に没頭してた男女が、また昔の青春のような気持ちを取り戻し恋心が目覚めるかもしれません。車内という閉鎖された空間も相乗効果が生まれそうですね。

image

同窓会の「会場」は通勤電車
なぜ電車で同窓会? 30~40代がターゲット、そこにあるねらいとは 西武
「西武線 同窓会電車」には通勤形車両の2000系(2083編成)が使われた(2016年11月12日、太田幸宏撮影)。拡大写真
通学で使った電車が同窓会の会場に――。西武鉄道と同窓会幹事代行業の笑屋が、2016年11月12日(土)、「西武線 同窓会電車」を運行しました。

【写真】「同窓会電車」車内で見られた「西武らしい」演出

 名前のとおり、同窓会を電車内で開こうという企画で、11月12日(土)の運行が初めて。この日参加した計4校、およそ150人の同窓生らは、車内で生ビールや中華のオードブルなどを楽しみつつ、卒業アルバムを見たり、校歌を口ずさんだりしながら、懐かしい思い出話で盛り上がりました。車掌(この企画に限り「イベント車掌」と呼称)も、参加校の校歌を即興で歌ったり、自身の最寄り駅を紹介したりと、アレンジを大幅にきかせた放送で車内を湧かせています。

“会場”は1977(昭和52)年に登場し、現在も使用されている「黄色い電車」2000系。窓を背にした長いシートに手すり、吊り革など、ごく普通の通勤電車です。西武鉄道の担当者は「通学時に一度はお乗りいただいたことのある電車を使うことで、懐かしいと思っていただければ」と話します。

「同窓会電車」は田無第一中学校の卒業生を乗せて、13時05分に池袋駅を出発。豊島園駅でトイレ休憩と記念撮影をしたのち、池袋駅にいったん戻りました。ここでさらに大泉第二小学校、富士見高校、学芸大学附属大泉小学校の卒業生を乗せて出発。所沢駅、田無駅、清瀬駅でトイレ休憩や記念撮影をしたあと、保谷駅、中村橋駅などでそれぞれ学校ごとに卒業生が降車していきました。

同窓会電車の背景に「課題」と「ねらい」
西武鉄道は、このような「同窓会電車」を企画した背景として「人口減少」を挙げています。

 現在、日本の人口は自然減少に転じており、減少幅は拡大傾向にあります。このような状況下で鉄道の利用者数を維持するには、沿線価値を高め、実際に住んでもらうことが必要です。

「同窓会電車」のターゲットは、西武鉄道によると30代から40代といいます。国土交通省「平成26年度 住宅市場動向調査」によると、住宅を取得した世帯主の平均年齢は、39.4歳(分譲戸建住宅)から44.1歳(中古マンション)。今回の同窓会をきっかけに、西武沿線に戻ってきてもらい、さらに住んでもらうのがねらいです。

「同窓会電車」の“仕掛け人”である西武鉄道運輸部の浅野雅明さんは、「今回の企画が、西武線のことを思い出していただけるきっかけになればと。また、西武線のことをよく知らない人には、『おもしろいことをやっている』と感じていただいて、沿線を選ぶ際のきっかけになればと思っています」と話します。

シェアする

フォローする