猫神社で悲鳴…毛呂山の重要文化財神社、増えた猫が爪研ぎ 餌やめて

野良猫被害は本当に経験した人しかわからない苦労がたくさんあると思います。我が家の周辺にも、横に棲んでいる一人暮らしのおじいさんが野良猫に餌をやり始めたのがきっかけになり、野良猫がそのまま住みつき、子猫を8匹も出産し、今では猫屋敷のようになってしまいました。うちの庭でも糞をしたり、干からびた蛇の死骸を持って来たり、たまに毛玉を履いたような跡が残っていたりと色々困ったことが頻発しています。だからといって保健所に連絡をしても今はなかなか引き取りに来てくれないようです。またこれは隣の家のおじいさんが飼っているという認識でいいのか、野良猫なのかの判別がつきにくい子とも連絡しにくい原因です。

image

埼玉県毛呂山町の出雲伊波比神社でここ数年、野良猫が増え続け、話題になっている。いつの間にか神社にすみ着き、インターネット上では「猫神社といっても過言ではない」などの書き込みも。神社の設備が猫の爪で傷つくなどの被害も出ていて、関係者は「これ以上猫を増やさないためにも、勝手に餌を与えたりしないで」と訴えている。

毛呂山町の小高い臥龍山の上に位置し、国の重要文化財に指定されている同神社。町によると、少なくとも奈良時代には建てられていたといわれ、現代では春と秋に「流鏑馬(やぶさめ)」が行われることでも知られている。そんな歴史ある神社で、野良猫が多く見られるようになったのは数年前から。紫藤正臣宮司(62)は「最初は2匹程度だったが、いつの間にか増えていった」と振り返る。

猫は繁殖力が強く、一度に多くの子猫を出産するといわれている。神社側もできる範囲で野良猫に去勢手術をしていたが、それでも追い付かない。数は増え続け、少なくとも10匹以上がすみ着いているという。

「(短文投稿サイトの)ツイッターで『猫神社』などと言われるようになってしまって…」。神社の氏子総代会の小沢弘さん(65)は、頭を抱える。猫が増えたことで、ふん尿による悪臭があったり、札を入れる箱に猫が爪を研いだ痕が残っていたり。猫は神社内の至る所で見られ、本殿に傷が付く恐れも考えられる。

こうした事態を受け、氏子たちは野良猫の保護活動に取り組んでいるNPOに協力を依頼。数年前に40匹近い猫に去勢手術を行い、「猫にエサを与えないで下さい」といった看板を設置したりした。

去勢手術をした野良猫は、その証しとして耳先をカットしたような痕をつけている。「一時は耳をカットした猫がほとんどだったが、しばらくしたら、またカットしていない猫が増えてしまった」と氏子総代会の斎藤博さん(72)。増えた理由は判然とせず、今も解決策が見いだせないでいる。動物愛護の観点から「殺処分までは考えたくない」という。

増え続ける猫に対して、紫藤宮司は「極力減らしていくために、餌を与えたりしないでほしい」と訴える。氏子総代会長の西宮保雄さん(71)は「文化財の保護という観点からも、神社を守っていかないといけない。参拝する際はモラルを守り、動物の命を守る意味なども呼び掛けていきたい」と話していた。

シェアする

フォローする