ザッカーバーグCEO、「大統領選の結果はFacebookのせい」に反論

Facebookの大統領選に対する影響力ですが、個人的にはとても影響力を与えたと思います。投票権は年配の方のみではないので、国民の中にはFacebookを利用する若い人たちもたくさんいるはずです。誤った情報や、合成写真で勘違いしてしまう情報もあるでしょう。こういったことに流されて、変なうわさが独り歩きしどちらに票を入れるかどうかの決断の際に、この偽情報を元に考えてしまうこともあるでしょう。代表のマーク・ザッカーバーグはこれを否定していますが、私自身、ネットの情報に振り回されることもあるので、完全にないとは言い切れないと思います。何を信じるかどうかは自分自身で決めることなので、個々に責任問題はないと思います。

image

「米国民は自分の経験に基いて投票先を決めた」──。米Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOは11月10日(現地時間)、技術系カンファレンス「Techonomy 2016」に登壇し、今回の米大統領選にFacebookが与えたとされる影響などについて語った。

【写真:娘と開票結果を見守るザッカーバーグ氏】

米大統領選では、民主党のヒラリー・クリントン氏が勝つという大方の予想を裏切り、共和党のドナルド・トランプ氏が勝利を収めた。

この結果にはFacebookのニュースフィード上に表示された虚偽の情報や偏った投稿が大きく影響したという批判がある。

ザッカーバーグ氏は「個人的に、Facebook上の虚偽のニュースが選挙に影響したという考えは非常にクレイジーだと思う」と語った。「虚偽のニュースを見たことだけを理由に人が誰かに投票するという主張には共感できない」とし、虚偽のニュースが表示されていたとしても、それがなぜ一方についてだけだと思うのか、と疑問を呈した。

Facebookは虚偽の情報が表示されてしまった事自体は認めており、改善に努めるとしている。

また、ニュースフィードの個々のユーザーへの最適化により、ユーザーが気に入っている考え方の投稿しか表示されないようになるのではないかという質問に「それについては研究している。非常に重要な問題だと認識しており、人々が情報のダイバーシティを保てるよう、努力している」と語った。

「われわれの目標は、人々にとって最も意味があり、興味深いコンテンツを表示することだ」と同氏は語った。

シェアする

フォローする