今年最大の満月は11月14日 

スーパームーンとはいえ、そこまで大きく見えないのが実際のところ。海外では最も近いところでさらに大きく見えるところもある用ですが、日本では騒いでいるほど大きく見えないでしょう。それでも68年ぶりの巨大な付きということで注目が集まります。普段夜は外に出ないのですが、この日ばかりは月を見るために外に出て空を見上げてみようと思いました。もしも地球から見えるのが付きでなく木星などの大きな惑星だったらという想像図を以前見たことがあるのですが、あまりにもでかい惑星は威圧感で恐怖すら感じます。月くら遠慮がちな小さな星だからこそ美しく見えるのでしょう。

image

今年の「スーパームーン」が話題になっています。国立天文台では「スーパームーン」という言葉は公式には使っていませんが、11月14日の満月は確かに今年もっとも大きな満月です。しかし、過大な期待をして月を眺めてみても、見た目(眼視)では残念ながらその大きさの差はほとんど分かりません。写真に撮ってみると、今年一番小さかった4月22日の満月と比べて、直径で約14%、面積で約30%も大きな満月であることに気づかれることでしょう。

月は地球の周りを約一か月で公転している地球の衛星です。天体の通り道を一般に「軌道」と呼びますが、ほとんどの惑星や衛星の軌道は円ではなく楕円の形をしています。月の軌道も僅かながら楕円形をしています。このため地球と月の距離が周期的に変化し、地上から見た月の大きさ(視直径)は月が地球に近いときは大きく、遠いときは小さくと変化しているのです。満月の度に必ず距離が最大または最小になる訳ではありません。詳しくはこの図をご覧ください。

今年11月14日は月が20時21分にもっとも地球に近い点を通過し、南中時刻の少し前の22時52分に満月となります。満月の瞬間、視直径は約33分30秒角で、これが今年最も大きく見える満月の瞬間です。この時、地球の中心から月までの距離は356520.2kmと計算されています。これは68年前の1948年1月26日の満月のときの距離356490.6kmに次ぐ近さであり、68年ぶりの巨大な満月とNASA他が取り上げているため、人びとの関心を集めているようです。しかし、その差はたった30km程度に過ぎません。一方、地球から月までの平均距離は約38.5万km。これは地球を30個並べた距離とほぼ同じです。地球から月までの距離の変化はおよそ35.6万kmから40.6万km程度の変化ですので、最初に述べたように直径で十数%の差が生じます。しかし、各年ごとの最大満月の視直径の差は僅か1%以下に過ぎません。
地球はその半径がおよそ6400kmもあります。ここまでの説明は地球の中心からの距離でしたが、実際には私たちは地球の表面から月を見ていますので、地球が自転している間に、自分と月との間の距離は数千km変化していることになります。これは、月までの距離、すなわち地球30個の幅に比べると1/60程度ですが、68年ぶりの接近と喧伝されている30kmと比べると200倍も差があるのですから、僅かな大きさの差を競いあうようなスーパームーンの報道はあまり意味がないとも言えましょう。
私たちが月を愛でる際、月が大きいなと感じるのは、スーパームーンであるかどうかではなく、月が地平線に近い位置にあるかどうかに関わっています。一般に昇ったばかりの月は大きく感じ、空高く輝いている月は小さく感じます。これは錯覚が原因です。月が地上物からどのくらい離れているか、月をどのぐらい仰ぎ見ているかで同じサイズの月でも違う大きさに感じてしまうようです。試しに写真に撮って比較してみてはいかがでしょう。
今年最大の月に関してのさらに詳しい情報は、国立天文台の「ほしぞら情報 今年最大の満月」および「よくある質問 スーパームーンってなに?」をご覧ください。

シェアする

フォローする