83歳女性運転の車にはねられ2人死亡、東京・立川の病院

またもや高齢者の事故が起きてしまいました。ここまで高齢者の事故が相次ぐと、運転免許の年齢制限も考えた方がいいような気がしますね。例えば80歳になったら免許書は変換し、市町村の交通を使った移動をするなど、車がないのでバスや電車の割引をするなどして、車がなくても不便でない措置をとった方がいいような気がします。もちろん山奥に住んでいて交通の便がない場所もあるでしょう。こういったところの対策も必要ですが、これ以上高齢者の運転により、巻き込まれる被害者を出さないためにも、今すぐ何かしらの措置が必要だと思います。

image

12日午後、東京・立川市の病院で、83歳の女性が運転する乗用車が通行人の男女2人をはねました。2人は病院に運ばれましたが、死亡が確認されました。

警視庁などによりますと、12日午後3時ごろ、立川市緑町にある「国立病院機構災害医療センター」の敷地内で、83歳の女性が運転する乗用車が近くを歩いていた30代の男女2人をはねました。2人は病院に運ばれましたが、死亡が確認されました。

また、運転していた83歳の女性も頭を打つなどしてけがをしています。警視庁は女性の回復を待ち、当時の状況について詳しく調べることにしています。(12日17:45)

シェアする

フォローする