<任天堂>復刻版ファミコン販売…手のひらサイズ、予約殺到

昔懐かしいこのフォルム、しかしかなりコンパクトになって再登場です。これだけ小さくした理由としては、昔のゲームを復刻させたいということと、旅行先などに持ち運びができるサイズにしたかったそうです。個人的には外に持ち出してまでやるモノでもないような気がするのですが、自分が小学生の頃にさんざん遊んだゲームソフトたちが約30個ほど内蔵されたもので、しばらくは飽きずに遊べそうです。ただ大人の手には少しコントローラーが小さすぎるような気もしますが、これも慣れなのでしょう。既に定価の価格での販売はどこも売り切れで、ネットでは約9000円ほどに寝あがった価格での取引になっているようですね。

image

任天堂は10日、1983年に発売して大ヒットした家庭用ゲーム機「ファミリーコンピュータ(ファミコン)」の復刻版の販売を開始した。旧ファミコンの6割ほどの手のひらサイズで、デザインは同じ。販売店に予約が殺到しており、かつてのブームの再現がなるか注目される。

商品名は「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」。テレビやモニターにつなぎ、2本のコントローラーで遊ぶ。旧ファミコンのカセットは差し込めず、「スーパーマリオブラザーズ」や「ドンキーコング」など人気ゲーム30作品を内蔵している。希望小売価格は6458円(税込み)。

この日、大阪市北区のヨドバシカメラ梅田店で商品を購入した大阪府高槻市の会社員、大木祐二さん(44)は「小学生の頃、よく遊んでいて、懐かしくて予約した。思ったより小さいですね」と話していた。ヨドバシカメラでは全国の店舗で予約枠が既に埋まり、受け付けが終了しているという。【久野洋】

シェアする

フォローする