<NHK>受信料の値下げ、経営委に正式提案

NHKが受信料の値下げを検討してるというニュースが発表されてから、しばらくしてこの値下げ金額が発表されましたが、金額を聞いてがっかりしてしまいました。大幅な値下げがあると思っていただけに50円の値引きなんて、あってないようなものです。これだけ不祥事続きのNHKなので、最低でも500円ほど大きく下げて、1件でも多くの家庭から徴収することを目標とした方がいいような気もするのですが、このくらいの値下げでは、まだまだ家にテレビないと、徴収員を突っぱねる家庭がほとんどでしょう。

NHKは8日開かれた経営委員会で、来年度予算編成の考え方を示し、その中で受信料を来秋から月50円程度値下げすることを正式に提案した。経営委はこの日、提案について結論を出さなかった。

石原進委員長(JR九州相談役)は委員会後、記者団に対し、「予算編成の過程の話はコメントを差し控えたい」として議論の内容を明らかにしなかった。

籾井勝人(もみい・かつと)会長は10月11日の経営委で、昨年度決算の収支差金が288億円に達し、東京・渋谷の放送センター建て替えのための積み立てが今年度末でほぼ終了すると説明。受信料収入の約3%に相当する200億円を値下げの原資にする意向を示していた。

委員からは「値下げ幅が小さ過ぎるのでは」「具体的な算出根拠を示してほしい」と慎重意見が出ていたが、籾井会長は「値下げは可能」と判断したとみられる。

現在の受信料は地上契約で月額1260円(口座・クレジット払い)。【丸山進】

シェアする

フォローする