「マンション内あいさつ禁止」は防犯になるのか?議論

マンション内は挨拶をしない、これが暗黙のルールとなっている現代。ちょっと昔は当たり前のようにマンション内ですれ違った人には挨拶をしていましたが、こういった大人の背中を目にしている子供たちは、すれ違っても挨拶をしないのが当たり前だと認識するのでしょう。小学生の朝の通学班に、挨拶をしようと声をかけただけで不審者メールが送られる始末。日本のよき文化がいま消されてしまおうとしてるのです。私の実家の方では道ですれ違っても知らない人であろうがなんだろうが挨拶するのが当たり前でした。人口が少ないという事もありますが、するほうもされたほうも挨拶があると気持ちがいいと思います。

image

新聞に投稿された「マンション内ではあいさつをしない」というルールが話題になっている。

11月4日付の神戸新聞に掲載されたのは、マンションの管理組合理事をしているという56歳男性による投書。「住民総会で、小学生の親御さんから提案がありました。『知らない人にあいさつされたら逃げるように教えているので、マンション内ではあいさつをしないように決めてください』。」という内容だ。ほかの住民たちも、「あいさつが返ってこないので気分が悪かった。お互いにやめましょう」と賛同し、「あいさつ禁止」が決定してしまったのだとか。

この紙面を、あるTwitterユーザーが撮影し、画像とともに11月4日に投稿すると、8日12時時点で2万8000以上リツイートされるなど反響を呼んでいる。

Twitterでは、

「うちの近所じゃ小学生が先手を打って挨拶してくる(逆の発想らしい)」 「普段から挨拶し合って住民同士のコミュニケーションが取れている集合住宅は、空き巣などの被害が少ないんですけどね」 「挨拶も変わったんだなぁ・・・w ただ、不審者はコミュニティー(近所付き合い・挨拶・人の目)を嫌うんで、むしろバリバリした方が防犯的には良いと思うんですけどね」

など、むしろ防犯上あいさつはしたほうが良いのではという声や、

「何と淋しい人生だろう。お互いに笑顔で元気良く挨拶しようよ。その方が気分が良いよ」
「挨拶するのは社会生活をするうえでの基本中の基本だと思うんですがね。どうなっちゃうんですかね」 「『知らない人』でも毎日挨拶を交わすことで、だんだん『知ってる人』になっていくと思う。 挨拶せずに逃げ回ってたら、『知らない人』はいつまでたっても『知らない人』のままだ…」

と、世間の世知辛さを憂う声が続出。一方で、

「する方もされる方も気分が悪い挨拶はやめる。きわめて合理的でまっとうなことだと思いますよ」

と「あいさつなし」を支持する声もあるが、こちらはやや少数派のようだ。

防犯意識の高まりで、「あいさつ」というコミュニケーションの根本も否定されてしまうのだろうか? (花賀 太)

(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです ※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

シェアする

フォローする