博多駅前の道路陥没、犠牲者ゼロの対応に評価 自主的な交通規制のわずか5分後に穴

突如、博多の駅前に現れた巨大な穴。道路が陥没して下に崩落したのです。中国でも同じような事故があり、まるで他人事のように見ていましたが、自国で同じことが起きるなんて想像もしていませんでした。原因は地下鉄などで地盤がゆるくなっていたことがあげられていますが、絶対的な存在である地面が、ある日突然自分の足元から崩れ落ちてくるなんて想像もしていませんよね。絶対的存在なんてこの世にないのかもしれません。毎日当たり前のように火を照らしてくれる太陽も突然消えてしまうことも考えられるという事です。

image

11月8日、福岡市の博多駅前で、地下鉄の工事中に道路が崩落した事故。深さ15メートルもの巨大な穴があいたにも関わらず、巻き込まれた人はいなかった。早朝とはいえ、九州の玄関口である博多駅の目と鼻の先だ。人通りがまったくない地域ではない。現場では、何があったのか。【BuzzFeed Japan / 籏智広太】
通報の5分後に崩落
BuzzFeed Newsの取材に応じた福岡市交通局によると、現場で実施されていたのは「地下鉄七隈線」の延伸工事。

事故が起きたとき、現場の地下約30メートル付近では、線路となる横穴を掘削する工事を進めていたという。

作業中に異常があったのは、11月8日午前5時ごろ。トンネル構内で水が噴き出し、工事を止めた。

地上に影響が及ぶ可能性があるという判断から、10分後には交通規制が実施され、付近の道路が通行止めになったという。

そしてその5分後の、午前5時15分ごろ、道路が崩落。現場に通行する車両はなく、巻き込まれた人もいなかった。
交通規制も現場判断
博多駅前の道路陥没、犠牲者ゼロの対応に評価 自主的な交通規制のわずか5分後に穴
@r96xwubr77qecbw for BuzzFeed拡大写真
この交通規制を実施したのは、現場のとっさの判断だった可能性が高い。

市交通局の担当者は「県警の到着を待てずに、工事関係者が車を使って規制をした可能性があります」と話す。

一部のメディアは、通報を受けた博多署が交通規制をしたと報じているが、実際は、現場の迅速な対応が人命を救ったともいえる状況だった。

2年前にも同様の事故、けが人なし
今回の現場から約350mしか離れていないところで、2年前にも陥没事故が起きていた。

福岡市交通局によると、前回の陥没事故があったのは、2014年10月27日。

日経新聞によると、車道が長さ約5m、幅約4m、深さ約4mにわたって陥没したという。このときも、人的被害はなかった。

なぜか。たて坑の中に土砂が流入していることに気がついた現場関係者が、すぐに市と警察に通報していたからだ。

市道に交通規制がかけられた約6分後、崩落が起きたという。

シェアする

フォローする