明治神宮外苑のイベント会場で展示物焼く火事 5歳の男の子死亡

ジャングルジムのようなアートを作った展示物が燃え、中で遊んでいた5歳の男の子がなくなってしまった事件、近くでは助けようとした父親が膝から崩れ落ちて泣いている姿があったようです。中で遊んでいたとしてもこれだけの規模であれば、すぐに逃げ出せるような気もしますが、父親と別の男性が救助に入って助けられなかったので悔しいですね。原因はアートのために装飾されていた木屑のようなものに照明のライトで火がついたとみられています。せっかくのイベントが悲しい事件になってしまいました。

image

東京・新宿区の明治神宮外苑のイベント会場で、6日夕方、ジャングルジムの形をした展示物が焼ける火事があり、中で遊んでいた5歳の男の子が死亡し、助けようとした父親ら2人がやけどを負った。
午後5時20分ごろ、新宿区霞ケ丘町の明治神宮外苑で開かれていたイベント「東京デザインウィーク2016」の会場で、ジャングルジムの形をした木製の展示物が燃えた。
警視庁によると、中で遊んでいた東京・港区の幼稚園児・佐伯健仁ちゃん(5)が死亡、助け出そうとした44歳の父親と、別の男性(40代)がやけどを負った。
目撃者は、「火が燃え上がっている時に、親らしき人が『中に子どもがいる』と何度も連呼していて」、「(消火した時、父親は?)崩れ落ちる感じだった。地面にひざつけて」などと話した。
この展示物は、埼玉県にある日本工業大学の学生グループが制作したものだった。
日本工業大学の成田健一学長は「本学の学生が制作・出展したアート作品で、このような事故が起きましたこと、大学として、深くおわび申し上げます。大変申し訳ありませんでした」と述べた。
展示物の中には、木くずが取りつけられ、ライトで照らされていて、警視庁は、この木くずから火が出た可能性があるとみて調べている。

シェアする

フォローする