不妊治療、妻に言いかけた「もうやめよう」 男も傷つく“心ない言葉” 1年半の治療が教えてくれたこと

不妊治療で苦しんでいるのは女性だけではなく、男性も同じように落ち込んだり傷ついたりしている、このことを忘れてはいけません。どうしても主体は女性になるので、女性の苦労ばかりが目についていますが、妊娠は女性一人ではできません。男性と女性が対になったお互いが支え合っていくことで成し遂げられる奇跡のような出来事なのです。よく子供のいない女性に対して、子供の話をやたらと振るのは失礼だとされていますが、これは女性だけでなく男性に対しても同じような配慮が必要です。底一言にどれだけ多くの男性が傷ついているのか、私は今まで知らずに生きて生きたのかもしれません。

image

不妊治療を始めた夫婦。食事制限や毎日の注射など、負担は女性に偏る現実があります。一方で、女性に対してならばセクハラと非難されて当然の言葉でも、男性だと平気で言われることも。1年半、治療を経験した一人の男性の思いを聞きました。
「いずれできるだろう」思っていたが…
「もうやめよう」。大阪府内の30代の男性市議は今年5月のある夜、妻にそう話そうと心に決めていた。2年前から始めた不妊治療。排卵日に合わせて性交するタイミング法から、人工授精、体外受精とレベルをあげていった。

自分も妻も「体質的な問題はない」と言われていたため、「いずれできるだろう」と思っていたが、5回ほど挑戦した人工授精は失敗。2度目の体外受精を終えたときのことだった。
「まただめやった」通院の日々
結婚後なかなか子どもができず、夫婦で話し合ってクリニックへの通院を始めた。「妻が35歳になるまで」「もしもどちらかに問題があったら、それ以上の治療はしない」。夫婦でルールを決めて臨んだ。

通院を繰り返しても、妊娠しない日々が続いた。「まただめやった」と気が重くなる。

市議という職業柄、地域での住民や議員の集まりに参加することは多い、おきまりのように「子ども、まだなん?」と聞かれた。結婚前は「はよ結婚しいや」という言葉があちこちから飛んできた。結婚したとたん、それが「子ども」に変わった。「女性だったら『セクハラ』と騒がれるような発言なのに」。男性に対する意識の低さを痛感した。

不思議と、身近な支援者は何も言ってこなかった。あとで、後援会の70代の女性が「子どものこと、言わんといたって」と周りに頼んでくれていたことを知った。その女性も子どもがいない。子どもを生めないと「役立たず」と故郷に追い返された人もいる世代だ。「僕なんかよりもずっと大変な思いをしてきたんやろう」。
「もう、見ていられへんから…」
治療で一番つらかったのは、妻の痛々しい姿を見ることだった。排卵誘発などの注射を毎日打ち、おなかはあざだらけになっていた。炭水化物と糖質は制限。翻って自分は――。クリニックのメンズルームで精子を採取すれば、お役御免だ。妻に隠れて、ケーキも食べている。負担は圧倒的に妻に偏っていた。

妻の「しんどい」という言葉が、ずしんと重かった。「せめて痛みの半分引き受けられれば、もう少し気持ちが楽になるのに」。そんな思いが募っていった。

今年5月、「もう、見ていられへんから、やめようと思う」と言葉にしかけた時、妻から「できたよ」と言われた。妊娠6カ月目に入ったいま、妻は「もしできていなかったら、治療をやめられへんかったと思う」と話す。

不妊治療をきっかけに夫婦仲が悪くなったり、「やめどき」が見つけられずに悩んだりする話を聞くたびに、「僕らは運がよかっただけ」と感じる。

もう言わない「お子さんは?」
来年3月が出産予定日だ。いまから心に決めていることがある。子どもが生まれても、あえて周囲に話すのはやめよう。ポスターやホームページに、子どもの写真を載せることもしない。

結婚しない人、できない人、子どもがいない人、できない人。自分がそうだったように、口には出さない悩みを抱える人が必ずいるからだ。

男性は「当事者になって初めて、悪意のない言葉でも、どれだけ人が傷つくかよく分かった」と振り返る。

私もつい「お子さんはいらっしゃるんですか?」と聞いてしまうことがある。話題のきっかけに、家族の話が出たついでに、パーソナルデータとして――。

「悪意」は全くないが、だからこそたちが悪い。「私に子どもはいません」と答えたあの人は、どう感じたのだろうか。

電車の座席が窮屈な理由は「肩幅」にあった

通勤電車のシートに座っていたら隣の乗客が下車。次にその席に座った人が大柄で窮屈な思いをした――。こんな体験をした人は少なくないだろう。

【写 真】E235系の袖仕切りには、こんな「くぼみ」がある

たとえば横1列に7人が並んで座れるロングシート。以前は色分けやくぼみなどによる座席区分はなかった。小さい子供が座る場合、1人分のスペースを必要としないので、浮いたスペースを有効に使えるし、車内がそれほど混んでいない場合は、乗客同士がほどよく隙間を空けて座ることもできる。しかし、誰か1人が中途半端な位置に座ると6人しか座れない。そこで、最近の通勤列車では7人が隙間なく座れるように、座る部分にくぼみを付けたり色分けしたり、あるいはロングシートが2人、3人、2人と区分できるように仕切り棒を付けたり、といった座席区分を行なっている。

■JIS規定のシート幅は43.3センチ

とはいえ、7人が整然と座ったとしても、隣の人が大柄だったり、あるいは隣の人がひざの上に大きな荷物を抱えていたりすると、窮屈に感じる人もいるだろう。あるいは、自分が車内で座ったままノートパソコンを開いて仕事をしようとすると、自分のひじが隣の人の邪魔になるかもしれない。1人当たりのシート幅がそもそも狭いという可能性はないだろうか。

1人当たりシートの長さはどうやって決めているのか。JIS(日本工業規格)ではロングシートの1人あたり座席幅は43.3センチとしている。また、やや古い資料であるが、日本鉄道車輌工業会が1979年に作成した「人間工学データシート」によると、「主として通勤形車両に使用される縦型腰掛(ロングシート)の1人あたり座席幅は43センチが適当である」と記載されている。「比較的楽な座姿勢がとれ、ほどよいゆとりのある寸法である」という。

だとすると、43センチあれば十分ということになるが、JR西日本・車両設計室の大森正樹課長は「人間の横幅でもっとも長いのはどこかを考える必要がある」と言う。

シェアする

フォローする